So-net無料ブログ作成
検索選択

『瞳いっぱいの夏/ Qlair』 [Qlair]

sc0019871a.jpg

こんばんは。
「恋の日」なんて安っぽくてナンセンスですね。
恥ずかしい。
勝手に決めないで頂きたい。
7/7、七夕だけで十分ロマンティックじゃないですか。
とか何とか云いつつ…。
この日は他にも僕にとって素敵なアニヴァーサリィ。
Qlairのデヴューした日です。
1991年7月7日。
Qlair(クレア)とは90年代初頭に活動していた三人組の女性アイドル。
僕が一番好きなガールグループです。
Qlairの高い音楽性はPerfumeには負けていませんね。
『P』の次は『Q』です。

そんな彼女たちの記念すべきデヴューシングルが本日ご紹介する作品です。
恋人と初めて過ごす夏。
夏の始まり。
朝、午前中の澄んだ空気。
雲一つない青空。
自転車。
誰もいない公園。
溢れ出す噴水。
サンシャイン&レインボウ。
ありふれた何もかもが美しく錯覚してしまう恋の魔法。
初々しさに充ちた歌。

歌詞のキュートで清楚なヒロイン像にぴったりな彼女たち。
今井佐知子さん、吉田亜紀さん、井ノ部裕子さん。
お年頃な彼女たちによる三声の美しいハーモニー。
リアルタイムでチャーミング。
何物にも代え難い魅力があります。
Qlairはこのハーモニーが彼女たちの音楽の特徴でもあります。
特にリードを務める亜紀さんの伸びやかな歌声は素晴しいです。

そして物語にマッチした素敵なメロディは木戸やすひろ氏によるもの。
西平 彰氏の丁寧なアレンジも世界観を永遠なものにしています。



カップリングは「恋のメダリスト」。
疾走感溢れるナンバー。
彼女たちなら北京五輪の恋愛種目で間違いなく金メダルは獲得出来るでしょう。
アイドルでも金。
そんな種目ないか。

1990年代前半というアイドル冬の時代に咲いた徒花。
そのナチュラルでキュートな美しさは永遠であります。
アイドルポップスの最後の不可侵の聖域。
優秀なスタッフと素晴しい素材が見事にハイクオリティなアイドルポップスを生み出しました。
アイドルというカテゴライズを超えてエヴァーグリーンなポップスファンにこそ聴いて頂きたい音楽。
夏には彼女たちのセカンドアルバム『CITRON』がおすすめですね。
佐知子さんと裕子さんは僕と同い年なのですね。

彼女たちのこのデヴュー曲を聴いていると「恋の日」なんてチープで陳腐な記念日を少しだけ許してあげてもいい気になってしまいます。
Qlairには敵わない僕です。

『瞳いっぱいの夏』《ESDB3230》〈作詞:西尾佐栄子/作曲:木戸やすひろ/編曲:西平 彰〉(4'14'')【1991】


アイドル・ミラクルバイブルシリーズ Qlair Archives

アイドル・ミラクルバイブルシリーズ Qlair Archives

  • アーティスト: Qlair,山川恵津子,門倉聡,西尾佐栄子,芹沢類,渡辺なつみ,木村麗子,工藤順子,椎名可憐,只野菜摘,川村真澄
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2005/11/30
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

遠益

たびたび、こんにちは。
アイドルでも金……なんのこっちゃ(笑)。

ガールグループにはまっていまして、
トライアングル、きゃんきゃん、フィーバー、アパッチなどを
うっとりと聴いている今日この頃なんですが、
そうか。Qlairがいましたね。
早速iPodに入れなくては。
ハーモニーっていいですよね。
by 遠益 (2008-07-08 14:01) 

いとぞう

Qlair、イイですよね。Perfumeがテクノなら、こちらはハーモニーの美しさですね。
この曲みたいな夏の恋、憧れます・・「ジーンズにTシャツ キミのトレードマーク よく似合うよ みつけたなら うれしくなるの」なんて言われたいですよ。

アイドルポップスというと’80年代のイメージが強くて、’90年代前半は冬の時代と言われてましたけど、今こうして聴いてみるとこの時代にもいい曲がたくさんありますね。
by いとぞう (2008-07-08 20:48) 

nakamura8cm

うわ、これもやられたっ!いや、これはまだ考えてなかったのですが、カップリングは確かに今年取り上げるべき曲ですね!

Qlair、活動当時はまったく知らなかったけど、2年前くらいに知ってはまりました。なんだかんだ言ってパフュームはダンスもイケて、バラエティ対応も可という万能ユニットですからね。それに比べるとQlairはアイドル氷河期にブレイクできるほどのずば抜けた力量はなかったんですな。まあ、そこがまた愛すべき不器用さ、という見方もできるわけです。

そして初TBを。ラストシングル「SUMMER LOVER」でデビュー曲を再演。なぜか聖子注入!はっきり裏目(笑)
by nakamura8cm (2008-07-08 23:42) 

都市色

>遠益さん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
70年代の日本のガールグループって疎いのでこれから聴いてみたいですね。
気になります。
by 都市色 (2008-07-10 03:05) 

都市色

>いとぞうさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
僕も90年代のアイドルポップスも好きなのでこれからドンドン紹介していきたいですね。
Perfumeのシングルも最近出ましたね。
by 都市色 (2008-07-10 03:16) 

都市色

>nakamura8cmさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
Perfumeがこれからどのように展開していくかは気になりますね。
プロデューサーの力量に負うところが大きいですから。
ラストシングルでのデヴュー曲の再演。
アレンジが元の曲調に合っているかは問題ですが窪田晴男氏のサウンドは好きですね。Qlairが松本 隆氏の曲を歌ったと云うだけでも個人的に嬉しかったです。ちょっとだけだったので、新曲として松本氏が手掛けて欲しかったです。もう少し永く活動していたらそのような展開もあったかもしれません。
by 都市色 (2008-07-10 03:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る