So-net無料ブログ作成

『恋のホワン ホワン/三遊亭円丈』 [邦楽ロック/80年代]

ほわんほわん.jpg

こんばんは。
バディ ホリーのお次はこの方。
リッケンバッカーを手にチャック ベリーを気取ってるメガネ男子は落語でお馴染み、三遊亭円丈(現:三遊亭圓丈)さん。
師匠が唄うのは『恋はホワン ホワン』。
これは実はニック ロウの名曲『CRUEL TO BE KIND』のカヴァーです。

このシングルは80年代にリリースされて密かに好事家の間で人気を呼んでいたのですが最近、再発されたので幸運にも手に入れました。
クリンクレコードと云うインディーズからの再発リリース。
僕がこの曲を知ったのは達郎さんのラジオで、昨年の秋頃のオンエアでリクエストされて流れました。

どういう経緯で円丈師匠がこの曲をカヴァーしたのか知りませんが、中々味わい深い出来です。
お世辞にも師匠の歌は上手いとは云えません。
音程もピッチも調子っぱずれ。
でも何故かそれがこの曲を引立てています。
テクニックのあるミュージシャンが当たり前にカヴァーするよりもポップなんです。
コミカルなキャラクターの円丈師匠の朗らかな唄い方が原曲の明るいムードにピッタリなんです。
この曲は日本語の歌詞が付いていて、とっても楽しい感じがします。
この何とも言えないユル〜い味わいは本職のミュージシャンには表現出来ないでしょう。
「ホワン ホワン」という日本独特のオノマトペも夢見心地な恋を上手く表現していますね。

♪ハートがホワン
 いつでもホワン ホワン
 ハートがホワン
 どこでもホワン ホワン
 ハートがホワン
 止まらずホワン ホワン
 OH BABY 君にはお手上げ

そしてこの珍盤?の仕掛人(プロデューサー)は日本のロックの再発を多く手掛ける中村俊夫氏。
このシングルの原盤の発売元のトリオ レコードの社員時代の作品。
アレンジは藤田大士氏。
藤田氏によるアレンジはウォール オブ サウンドを意識した出来で、ナイアガラ サウンドでお馴染みのパーカッション奏者、鳴島英治氏も参加しています。
流麗なストリングスとエコーとパーカッション。
中村、藤田両氏によるコンビでのウォール オブ サウンドというと、原めぐみさんの「涙のメモリー」がありますね。作曲はジューシィ フルーツの沖山優司さんでした。
なかなかドリーミィなオケです。

因みにシングルのジャケットのリッケンバッカーは音楽ライター、保科好宏氏の私物で、ニック ロウのカヴァーというアイデアは音楽ライター、大鷹俊一氏によるものだそう。

B面はオリジナルソングで『恋のリハビリテーション』。
ロカビリー風のナンバー。
ストレイ キャッツの影響なのでしょうか。
バッキングを担当しているのはザ・コンクスというバンド。
こちらは作詞も円丈師匠が担当していて、コミカルで猪突猛進な内容です。
「ホワン ホワン」ではのんびりと唄っていましたが、荒々しい演奏をバックにこちらはマシンガンの如く饒舌に唄い倒していてさすが芸人!って感じでお見それ致しました。
円丈師匠の毒を感じさせます。
座布団一枚!!な諧謔性を堪能出来るロックンロールなり。

『恋のホワン ホワン』《CREP5702》〈日本語詞:有川正沙子/作曲:ニック ロウ&イアン ゴム/編曲:藤田大士〉(3’09’’)【1981】

nice!(3)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 9

うっち

再発知りませんでした!
慌てて探しました。
@TOWERの取り扱いは終わっていて、アマゾンでポチっとしたところです。

ニック・ロウの九段会館でのライヴで購入したパンフに様々なカタログが載っていて、そこでこのレコードを見て以来ずっと聴いてみたかったんです。
記事にしてくれて感謝!
by うっち (2009-02-05 08:57) 

Lo-Fi

つい数日前、このシングルの話題が出て、どんななのかな〜?と
気になっていたところでした!
これは買わないといけないですね。
さっそく探してみます☆
by Lo-Fi (2009-02-06 01:22) 

nakamura8cm

全然知りませんでした。
これは聴いてみたいな~と思って検索したら、YouTubeにありましたね。
このグダグダ感はスゴイ!洋楽の日本語カヴァーが大好物なので、これは嬉しい発見でした。ありがとうございます!
by nakamura8cm (2009-02-07 00:50) 

都市色

>うっちさん、こんにちは。
コメント&NICEありがとうございます。
お役に立てて嬉しいです。
英国ロックファンにも噂のシングルだったのですね。
ニック ロウのライヴ、行ったコトが無いのです。
by 都市色 (2009-02-07 15:14) 

都市色

>Lo-Fiさん、こんにちは。
コメント&NICEありがとうございます。
このシングルは結構噂になっているんですね。
手に入ると良いですね!
B面の方がLo-Fiさん好みかも。
by 都市色 (2009-02-07 15:17) 

都市色

>nakamura8cmさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
you tube にアップされていたのですか!
恐るべし。
こういうグダグダな感じをそのまんま出しているのが良いですね。
今はコンピューターで音程とか調整したり修正出来るようですから。
by 都市色 (2009-02-07 15:19) 

DEBDYLAN

コレ知らなかったです^^;

YouTube見てきました。
サビの言葉のハマり具合いいっすね^^。

それにしてもコレをリリースしちゃうなんて勇気あるなぁ(爆)

ザ・コンクスって小山卓治のバックで演奏してた記憶があるんですが。
って、小山卓治って超マイナーですね^^;
僕は結構好きなんですが^^。



by DEBDYLAN (2009-02-08 01:15) 

都市色

>DEBDYLANさん、こんばんは。
コメントありがとうございます!
小山卓治さん、僕は詳しくはないですが、僕の知り合いの元春ファンにも人気があります。
機会があれば聴いてみたいです。

by 都市色 (2009-02-08 18:56) 

お名前(必須)

コメント
by お名前(必須) (2012-12-18 07:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る