So-net無料ブログ作成

『K/WOW WOW HIPPIES』 [ロッテンハッツ]

スキャン0437.jpg

こんちは。

3月は毎年毎年繁忙期で平日は残業の嵐、土曜日もお休みはないのです。
そういう時に限って土曜日には面白いライヴやイベントがセッティングされているのです。
悲しいのでそう情報はシャットアウトして粛々と生活しています。

アングラな日々。
自宅と会社とコンビニだけを行き来しています。

という訳で、前回は木暮さんのソロシングルを紹介しました。
続いては木暮さんがロッテンハッツ以前に活動していたバンド、WOW WOW HIPPIESを紹介しましょう。
ときは1986年、“ネオGS”なる音楽ムーブメントが東京を中心に起きていました。
グループサウンズ、ガレージロック、サイケデリック、パンク、ニューウェイヴのごった煮です。
80年代の勃興するテクノロジーの進化へ逆行するように異端なモノへの憧れに一部の若者たちは魅了されていきました、と判ったように。
木暮さんは大阪から上京して組んだバンドがWOW WOW HIPPIESでした。
メンバーはギターの木暮さん、ベースの高桑 圭さん、ドラムの白根賢一さん、そしてヴォーカルの宗像淳一さんの四人組。
木暮さんと高桑さんと白根さんは後のロッテンハッツで、さらに高桑さんと白根さんんはGREAT3でも共に活動していきます。

僕はロッテンハッツから遡って彼らの音源を探して聴きだしました。
最初は日本のネオGSシーンを象徴するコンピレーション、『Attack of mushroom people』そしてオGSのクリスマスソングのコンピ『Mint Sound Christmas album』。
この二枚とも名作なんですが、其処に一曲づつ収録されてるワウワウヒッピーズの楽曲が濃厚なアングラ感というか、サイケデリックサウンドを放っていてました。

そして手に入れたのが彼らの唯一の単体での音源、EP盤である『K』です。
リリースは1990年。
僕が手に入れたのは90年代半ばでした。
HMVの渋谷だったような。
デッドストックが売っていたと思います。

収録は4曲。
全て作詞はヴォーカルの宗像淳一さん、作曲は木暮さん。
宗像さんの耽美的で幻想的で怪奇趣味な日本語歌詞、木暮さんの60年代中期のサイケデリック・ロックを見事に抽出したソングライティング。
退廃的な世界観とロックンロールの関係はモリッシーとマーのコンビに通じるものがありますね。
そして高桑さんと白根さんの息の合ったガレージロックなリズム隊からの卓越した演奏力。
それらが有機的にミックスされたサウンド。
当時の彼らが20代そこそこだったと思うと音楽の咀嚼力の高さにびっくりします。
良い意味でのB級テイスト。
四人ともスタイルも良いのでフラワーなファッションがバッチリ似合ってサマになっています。
ビジュアル系とも一線を画す容姿。
小西さんは当時の彼らのサウンドにはっぴいえんどを垣間見たと云います。

A面の一曲目はタイトルソングの『K』。
疾走感のエイトビートと狂騒のメロディ展開に昇天。

二曲目は『Marble Love』。
シャッフルビートによる、白昼夢のようにポップなナンバー。
メロディメイカー木暮さんの魅力が確認できます。
高桑さんのバスヴォイスでのハーモニーもナイス。

B面の一曲目は『Mirrors』。
ちょっとGSっぽい蒼さやマージ―ビートな雰囲気が感じられるアップテンポの楽曲。

二曲目は『MOON DRIVERS』。
鬱蒼としたコーラスワークから、ファズの効いたエレキサウンドとスクリームの嵐。




このシングルを手に入れた後、ネットの通販でバンドのワンマンでの演奏が収録されたVHSテープを入手しました。1988年6月3日、新宿アンティノックでの演奏でした。手に入れて、ちょっと観た後しばらく放っておいて、改めてちゃんと観ようとしたらテープの磁気の不具合なのか画面がおかしくなって観られなくなっていました。返す返す残念なことをしました。
DVDに落として保存しておけばよかったのですが。
今ではyou tubeでその一部は観られます。





バンドの音源はもうひとつ、ネオGSのショーケース公演のライヴ盤である『IKASU!!』に一曲入っています。コレクターズは真城めぐみさんが在籍していたペイズリーブルーやファントムギフト、ストライクㇲ、TWENTY HITSの音源も聴けます。

WOW WOW HIPPIES、今聴いてもカッコいいと思います。
最近、再び国内でリイシューされたサイケデリック、ガレージサウンドの名コンピレーション『nuggets』に入っていてもおかしくないクオリティですね。
海外のガレージロックファンにもお聞かせしたい。
XTCのdukes of stratosphearにも負けてません。
数年前に、高橋ユキヒロさんのトリビュートアルバムが発売され、その中になんと、バンドの新しい音源が収録されていました。ユキヒロさんの曲を、宗像さん以外のメンバーで再結成して、ヴォーカルにはLEO今井さんを迎えての。
これにはとなりのたまげ太くんでした。
このままライヴとかすると思いましたが、一回限りだったようで。残念。

以上、バンドの魅力をコンパクトにまとめたEP盤を蒋介石。
因みにジャケットの裏側には四人のポートレイトが写っていますが、その写真を撮ったのが後にロッテンハッツ、ヒックスヴィルで共になる中森泰弘さんです。
ネオGS周りの写真は殆ど中森さんでした。
中森さんもハワイズというネオGSバンドに在籍していたのです。

バンド結成から30年余り。
こうしたバラバラな音源をまとめて、そして未発表音源や映像をコンパイルした音源集がリリースされることを切に願います。
このまま埋もれてしまうにはあまりに勿体ない。

こうしたガレージやサイケの嵐を通過して、結成されたロッテンハッツは一聴すると明るくて爽やかな聴き心地のイイだけのバンドかと勘違いしちゃいますが、よーく聴くと、その音楽性の隅々には広くて鋭いセンスが見え隠れしてるんです。
このままバンドが続いていたらグレイトフルデッドのような存在になっていたかも。

ネオGSの要再検証!


『K』《MSR 1006》〈作詞:宗像淳一/作曲:木暮晋也/編曲:WOW WOW HIPPIES〉(03’51’’)
【1990】


IKASU!! NEO GS!GO!GO!LIVE!

IKASU!! NEO GS!GO!GO!LIVE!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユース
  • 発売日: 2008/11/19
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。