So-net無料ブログ作成
検索選択

『REACH OUT/SUNSHINE』 [米国ロック/70年代]

スキャン0447.jpg

こんばんは。
3分54秒クッキングの時間です。
春っぽいシングルを鳥揚げよう。
何だか窓の外は荒れ模様のお天気ですが、そんなときこそこんな一枚。

SUNSHINEというグループの『REACH OUT』というシングル。
邦題は『春風のうわさ』。
70年代の後半にアメリカでデヴューしたブルックリン出身の3人組。
NYの出ですが、バンド名どおりにサウンドは西海岸の明るく爽やかなサウンド。


イントロのアコースティックギターのアルペジオに新緑の芽吹きの様な瞬き。
ギロの響きもよいアクセント。
メンバーの息の合ったハーモニーもキラキラと。
マイルドなメロディは陽だまりのよう。
韻を踏んだ歌詞にも良いバイブレーションを感じます。
3分に渡り、安らぎのグッドタイム・ミュージックが心へゆっくりと沁みこんで行きます。




B面は『THE WOMAN'S A NATURAL』、
邦題は『彼女のまごころ』。
こちらはメロウなミディアム・バラード。
A面に負けない位グッとくるメロディが広がります。
厳かな鍵盤とストリングスの響き。
ここでもメンバーのコーラスワークが効果的に展開されて、
琴線を刺激します。涙腺も緩みそう。



シングルのジャケットに書かれている解説に寄れば、メンバーは、
ウォルター・ジル・デ・ルビオ、ラルフ・ベルシコ、そしてジョー・タボルミーナという名前の男性の3人組。
イタロ・アメリカンらしいです。
と言えば、ラスカルズやフランキー・ヴァリ、ローラ・ニーロにも通じるグッドフィーリングがこのバンドから感じられます。

この曲が生まれた70年代後半はディスコやAORが主流でしたが、こうした70年代初頭に聴かれたアコースティックなCS&NあたりのSSW系なサウンドはやや分が悪かったかもしれませんが、今聴いても新鮮な響きを湛えています。
プロデュースはAram Schefrin。


少し前に長門芳郎さんが出演しているラジオ番組『ようこそ 夢街名曲堂へ』にて、2017年に再発したい音楽として、上記の2曲を収録したサンシャインの同名のファーストアルバムを挙げていました。
まさに長門さん好みのサウンド。
メンバーにも過去に会った事もあるそうです。
是非、リイシューが実現すると良いのですが。
このラジオ番組の長いですよね。
静岡にいた頃はよく聴いていましたが、ラジコでエリアフリーやタイムフリー機能が使えるようになってまた聴くようになりました。
毎週毎週、すてきなメロディとトークが聴こえてくるラジオ。
これからも末永く放送して頂きたい。

ちなみにこのグループはアメリカの“ROULETTE”という有名なレーベルから作品をリリースしていますが、ここのレーベルのレコードのレーベル面がまさにルーレットを模したデザインで、プレイヤーに乗せて再生するとまるでカジノでのルーレット盤みたいにクルクル廻ります。
勿論このルーレットでのゲーム(音楽)にはハズレなしですよ。
さぁ、張った張った!

という訳で《魔法をしんじるかい?》なシングルでした。

『REACH OUT』《YK-99-RO》〈Written by Walter Gil de Rubio〉(03’12’’)【1978】



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る