So-net無料ブログ作成

『BABY DRIVER / PAUL SIMON & ART GARFUNKEL』 [米国ロック/60年代]

スキャン0482.jpg

どうも。
台風の進路が気になる日曜の朝。

映画の話題を続けましょう。
ベイビードライバー』という作品を観ました。
エドガー・ライト監督の最新作。
『ホット・ファズ』が有名です。
前作『スコット・ピルグリムVS邪悪な元カレ軍団』から4年ぶりの長編作。
何やら面白そうだという噂を聞き付けて、予備知識のないまま、『カーズ』を観た翌週にまたなんばパークスシネマへ行きました。
これも前回と同様に自動車が大活躍するお話。

大当たりでした。
大破です。
イタタタ。
いや、もう最高でした。
クライムアクションとラブロマンスを絶妙な音楽を繋ぎにしてミックスした疾走感溢れるエンターテイメント活劇。
物語と音楽の相性がピッタリ。
というか、
物語が音楽のリズムに乗ってゴキゲンに踊り続ける113分。



タランティーノ監督の『レザボアドッグス』や『パルプフィクション』に端を発する、ロック/ポップミュージックとフィルムノワールの幸せな共存共栄。
オープニングからグイグイと引き寄せられます。
主人公の男の子の《ベイビー》は走り屋で音楽が友達で数種類のiPodを使い分けて常に音楽を聴きまくっています。
顔が何だかスコット・ウォーカーに似ていると思いました。
彼と一緒に仕事をするギャングのひとりの男はどこかで観た顔だなぁ、と思ってたらドラマ『マッドメン』のジョン・ハムでした。ケヴィン・スペイシーも良かったし。
ヒロインのリリー・ジェームズもチャーミングでした。
とにかくテンポが良くて最後まで飽きさせません。
また観に行きたいです。

と言う訳で『ベイビードライバー』。
この映画のタイトルを最初に聴いたときに真っ先に思い出したのが今回の楽曲です。
サイモンとガーファンクルのラストアルバム『明日に架ける橋』に収録されている楽曲。
実はあのアルバムの中で一番好きな曲でした。
確か初めて聴いたのは高校時代。
その当時聴いていた元春のラジオ番組『テイスティー・ミュージックタイム』でこの曲が流れてきて、すぐに気に入ってしまいました。
その後間もなくしてS&Gの全曲集と言う4枚組のCDを買いました。

名作アルバムの全曲ともイイですが、この曲のユーモラスな感じが大好きです。
風来坊で軽妙な感じ。
60年代前半に流行ったカリフォルニアのホットロッドサウンドをニューヨークのグリニッヂビレッジ風の軽やかなフォーキーな味付けで。
ドラムはハル・ブレイン、ベースはジョー・オズボーンなので文句のつけようのない演奏。
歌っているのはガーファンクルじゃなくてポール。
彼の声の無邪気な感じも良くて。
サビのところでドゥーワップっぽいコーラスが入ったり。
手拍子もウキウキ。
終盤でテンポアップするところも面白い。
アクセルを踏んでスピードアップする感じで。

この曲が映画で流れるかは劇場に足を運んで確かめてみましょう。




ピチカートファイヴに『ホームシック・ブルース』と言う曲がありますが、この曲が昔から好きで、
『ベイビードライバー』辺りのS&Gのサウンドをエッセンスにしたのかなと思います。
作詞作曲した高浪さんがポールで、田島さんがガーファンクルの役割で。
『女王陛下のピチカートファイヴ』収録。

さて、
今取り上げた『ベイビードライバー』の方が実はB面で、
A面は『THE BOXER(ボクサー)』。
こちらの方がヒットして有名ですね。
アコギが紡ぎだす美しいイントロから穏やかに唄う2人のハーモニーと心地よい足踏みのリズム。
メロディは甘美で清廉ですが、
こちらも少年のひとり語りの歌詞で悲しい身の上話が綴られています。
映画の方のベイビー君も生い立ちは悲しいものでした。

この歌でのボクサーが強くなっていつかはタイトルを取って、そのときに唄うのはアリスの『チャンピオン』なのでしょうか。

♪ ライラライ ララ ライライ ライライ ・・・
から
♪ ライラ! ライラ! ライラ! ライラライ! ・・・・

爽やかな曲調から勇壮な感じへ。


ムードが壊れるだろ。

もういいぜ!

それにしても面白い映画が沢山あって、観たいものが多すぎて、どれを観ようか目移りしてしまいます。シネコンの映画、ミニシアター系の映画、そして名画座の映画。
どれも気になるプログラムがいっぱい。
昨日は『ダンケルク』を観ました。
凄かったです。良かったです。
やはり大きなスクリーンで映画館で観たいのですね。
でも時間もあんまりなくて。
音楽も沢山聴きたいし。

そんなことばかりを考えているから・・・・・。
まぁ、いいや。


『BABY DRIVER』《SONG 80081》〈Written by Paul Simon〉(03’13’’)【1969】



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。