So-net無料ブログ作成

『IT'S NOT UNUSUAL(よくあることサ)/トム・ジョーンズ』 [英国ロック/60年代]

スキャン0487.jpg


こんばんは。

またまた達郎さんのライブネタで棚からひとつまみ。
《棚つか》ならぬ《棚つま》です。

今宵はトム・ジョーンズ

マッチさん、
マーチンさん、
と来て、マッチョさんの登場です。ちがうか。

宇宙人が日本に潜入して様々な職種を調査する人でもありません。缶コーヒーの。


そんなことはどうでもよくて。
IT'S NOT UNUSUAL(よくあることサ)』は以前も紹介しましたが、そんなコト誰も覚えていないでしょう。
そのときはCDでした。
あの後、日本盤のアナログシングルを見つけました。
まぁ、良くあるコトです。
このシングルは1970年に出たレコードで、『THIS IS TOM JONES』というTVショーのテーマソングに『よくあることサ』が使用されたコトを受けて発売されたモノらしいです。ジャケットに書かれています。

達郎さんが昨年のツアーでフランキー・ヴァリの『君の瞳に恋してる』をカヴァーしたところ、
大好評でした。
これまでもライヴの中で洋楽のカヴァーはしていましたが、ここまでの反響は無かったそうです。
特に女性ファンからのリアクションが大きかったと思われます。
今回のツアーでは《キャラじゃない曲》と《判り易い曲を》というコンセプトがありまして、
それではと、今回のツアーも所謂ひとつのベタな往年のヒット曲を、選曲されたのだと思います。
達郎さんはプライベートでカラオケに誘われたときに『よくあることサ』をお歌いになるそうで、
ライヴでも「ちょうど山下達郎とカラオケに行ったと思ってお聴きください」とジョークを付け加えながらカヴァーしていました。
達郎さんの歌唱スタイルはラスカルズのフェリックス・キャヴァリエやフランキー・ヴァリ、ディオン、そしてバリー・マンなど、イタロ・アメリカンのシンガーの系譜に属するヴァイタリティ溢れる陽性なエッセンスが感じられますので、トム・ジョーンズのようなワイルドなヴォーカルスタイルも問題ありません。楽勝です。

この曲はゴードン・ミルズとレス・リードの共作ですが、元々は女性シンガーのサンディ・ショウに作られた曲なのでした。
ゴードン・ミルズはトム・ジョーンズの友人であり、作曲家として活動していた彼の作品のデモ音源の吹きこみの仕事をトム・ジョーンズがしておりました。
そのデモ音源での歌唱の素晴らしさにトム・ジョーンズの2枚目のシングルとして売り出されることになりました。
後にゴードン・ミルズはMAMレコードを立ち上げて、ギルバート・オサリヴァンなどを手掛けることになります。

希望に満ち満ちたホーンセクションのフレーズを従え、
水を得た魚のように、生き生きと揚々と歌いまくりまくるトム・ジョーンズ。
打てば軽く柵越え、と言った感じ。

愛する相手への嫉妬深い思いが溢れたラブソングですね。



いやぁ、エルヴィス以上にセクシャルな胸騒ぎの腰つきであります。
要注意!

達郎さんもトム・ジョーンズのファンだと公言されていました。
殆どのレコードをコレクションされているとか。

B面は『TO WAIT FOR LOVE(邦題:愛のおとずれ)』。
名作曲チームのバート・バカラックとハル・デイヴィッドのコンビによる楽曲です。
このふたりの作品では『WHAT'S NEW PUSSYCAT ?(何かいいことないか子猫チャン)』の方が有名でしょう。
『愛のおとずれ』はしっとりと切ないバラードです。
ウォーカー・ブラザーズが歌った『MAKE IT EASY ON YOURSELF』のようなタイプの楽曲。
スコット・ウォーカーに勝るとも劣らない哀愁溢れる歌いっぷり。
秋にピッタリな素敵な曲です。



同時期にポール・アンカもこの曲を歌っています。
ハーブ・アルパートのバージョンでも有名。
そして何と達郎さんもカヴァーしています。
僕は達郎さんの唄でこの曲を知ったクチです。
2002年にリリースした『RARETIES』に収録されています。
1993年の『SEASON'S GREETINGS』でのレコーディングの時に録音されたそうです。

という訳でシングルの両面とも奇しくも達郎さんが取り上げております。


かように達郎さんのライヴは毎年毎回色んな趣向に満ちているし、音楽の勉強にもなります。
来年もまたお元気な姿をステージで魅せて頂きたいです。

『IT'S NOT UNUSUAL(よくあることサ)』《TOP-1507》〈Written by G.Mills and L.Reed〉(02'01'')【1970】


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。