So-net無料ブログ作成

『ルパン音頭/三波春夫』 [アニメソング]

スキャン0478.jpg

どうも、時刻は3時54分。
〈こんばんは〉なんだか〈おはよう〉なんだか判らないひととき。
『03’54’’』の時間です。

前回までの流れで行けば、
達郎さんのニューシングルを取り上げるのがスジですが、主題歌として使われる映画を観てからにしようと思い、今回は別の記事で映画ネタです。

9月の始めに『ルパン三世  ルパンVS複製人間』の4Kリマスタリング&MX4D版を映画館で観て参りました。
1978年に公開された、記念すべきルパン三世の劇場版第一作。
これは小学校の時に今は無き地元の映画館で観ました。
初公開された時ではなく、多分再上映されたのだと思います。
30年ぶりに観ました。

監督を担当したのは吉川 惣司さん、作画監督は椛島義夫さん。
音楽は勿論大野雄二さん。
椛島さんは今年の夏に今回の上映を前にお亡くなりになってしまいました。
椛島さんと言うと何と言っても『ガンバの冒険』ですね。
『新オバケのQ太郎』も。
謹んでご冥福をお祈りします。

本当に久しぶりに観た『 ルパンVS複製人間』。
懐かしく拝見しましたが、子どもの頃に観たようには感激しませんでした。
やはり第二作の『カリオストロの城』と比べてしまう自分がいます。
作画のクオリティは圧倒的に『カリ城』ですね。
残念ながら高い解像度でリマスタリングされた映像は大スクリーンでは絵の粗さまで際立ってしまうのも事実です。
監修として大塚康雄さんがクレジットされていますが、
未来少年コナンで忙しくて、実際に関わった時には作画の80%が出来上がった後だという事、殆どすることがなかった、と『作画汗まみれ』には書かれています。
カーチェイスのシーンの絵が結構酷かったので、大塚さんがもっと早い時期に関わっていたらもっと良い作品になったのにと思います。

そして、4Kリマスタリング&MX4D版について。
画像がクリアになったのはイイとして、
MX4D版は要らないと思いました。
昨年に『カリ城』も同じ形態で上映され、体験しましたが全く同じ感想を抱きました。
物語の世界観を体験出来るととかなんとか言って、シートが揺れたり、水をかけられたり、風が吹いて来たり、揚句にはシートの後ろからドンドンと衝撃を与えられたり、と。
不快感以外の何物でもありませんでした。
そんなコトされて物語に集中出来っこないです。
特にシートの背中をドンドンと衝撃を与えられるのは勘弁して欲しいです。
何か物語の中で銃で撃たれるときに、そういうことをされるのですが、
映画が始まる前に、観賞するときのマナーがアナウンスされますがまさにアレは『シートの背中を蹴ってはいけない』というルールに違反してます。
映画館がマナー破ってどないすんねん。
MX4Dは映画館の進化ではなく退化です。
もう。

だからと言って全く詰まらなかった訳ではありません。
『~複製人間』のヒットで翌年の『カリ城』の制作が決定したのですし。
終盤の展開にはドキドキします。
その物語を盛り上げる名悪役の《マモ―》の存在感。
当時は思いもよりませんでしたが、声を担当したのが名優・西村 晃さんなのでした。
ストーリーを引っ張る怪しいムード、とても素晴らしかったです。
カリオストロ伯爵に勝るとも劣らない異彩を放っています。
さらに声優で参加していたと知って今回驚いたのは、
赤塚不二夫先生と梶原一騎先生。
どちらも大国の権力者の役でしたが、見事なまでの棒読みで大いに劇場で楽しませてもらいました。
特に梶原先生はイメージとしては強面ですが、話す声は優しい感じで物語と不釣り合いでした。
本職ではないので勿論ご愛嬌です。
そして今回の記事の主役である方も劇中に声優として参加されていました。

ハイ、三波春夫先生で御座います。
よっ!千両役者!

という訳で、物語のエンディングテーマとなる『ルパン音頭』をご紹介しましょう。

コミカルな感じで物語は大団円を迎えるのですが、そのユーモラスなクレジットロールに流れるに相応しい陽気で明快な歌と演奏。

♪ お~れ~は ル~パン だ~ぞ~

と高らかに響き渡る名調子。
一気にムードが朗らかに。
天下の大泥棒の気概を代弁する如くに歌います。

三波先生の唯一無二のパワーを感じずにはいられません。
結局お亡くなりになってその存在感を代替出来る歌手はいやしませんでした。
一聴すると単なるコミックソングと勘違いしちゃいますがさに非ず。
聴けば聴くほどその魅惑のノドに魅了されます。
アニソンだろうと何だろうと全力投球。

“デスコデスコ”ですよ。

あヽ、ごきげんよう~~~

なのです。

作曲と編曲は勿論大野雄二先生。
いつものジャジ―な作風とは一転しますが、やはり絶妙な大野節がイントロから聴こえてきます。
メロウでは無くて明朗な音頭のリズムでも楽しませてくれます。




B面は『銭形マーチ』。
音頭の次は行進曲であります。
銭形警部の登場シーンで流れてくるお馴染みのテーマソングに歌詞が付けられて、
これまた三波先生が歌います。
テイチクオーケストラの演奏に乗って勇壮なマーチが展開されます。

淀みない三波先生の歌声がとっつぁんの心の叫びを代弁します。
サビからの軽妙な筋回しも愉しいですね。



ちなみに三波先生は劇中でエジプトの警察署長役で吹き替えに参加されていますが、
赤塚先生や梶原先生よりも堂に入った演技をされています。


これ以降次々とルパンシリーズは続編や劇場版が制作されるのですが、近年のシリーズではますます原点回帰へ向かいます。
結局オリジナルなのだと思います。
劇場第一作やテレビ版の第一シリーズの世界観こそがルパン三世。
そういう意味でも今回の『複製人間』で小粋な盗賊テイストを味わうことが出来て良かったです。

『ルパン音頭』《RS-149》〈作詞:モンキーパンチ/補作詞:中山大三郎/作曲・編曲:大野雄二〉(03’25’’)【1978】



LUPIN The Best

LUPIN The Best

  • アーティスト: 東京ムービー企画部,馬飼野康二,大野雄二
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 2007/03/14
  • メディア: CD



ルパン三世「ルパンVS複製人間」[Blu-ray]

ルパン三世「ルパンVS複製人間」[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: VAP,INC(VAP)(D)
  • メディア: Blu-ray



ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD]

ルパン三世 ルパン vs 複製人間 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。