So-net無料ブログ作成

『夜明けのマイウェイ/パル』 [荒木一郎]

スキャン0493.jpg

こんばんは。
今宵も荒木一郎の世界で星に唄おう。

引き続き荒木さんを特集。
裏方としても沢山の素晴らしい仕事を残しています。
イッチャンが作曲家としての作品を紹介しましょう(急に馴れ馴れしい)。


パルで『夜明けのマイウェイ』。
これは1979年の日本テレビ系で放送されたドラマ『ちょっとマイウェイ』の主題歌としてヒットしました。

鎌田敏夫脚本、桃井かおり初主演ドラマです。
『まわり舞台の上で』によれば、
彼女が出演したシャンプーのCMに目を付けたテレビ局のプロデューサーが、桃井かおり主演でドラマをと、マネージャーの荒木さんに仕事を持ち込みます。
ドラマの音楽も頼まれ、丁度その時に別の件で荒木さんにプロデュースをレコード会社から依頼されていた三人組の男性グループと一人の女性歌手。
みんなまとめて面倒見よう、といったかどうだか判りませんが、
ドラマの為に三人組と女性歌手をひとつのグループに組ませたのが《パル》でした。
彼女たちの歌をフィーチュアして、ドラマのサウンドトラックを制作し、
同時にパルとしてのファーストアルバムも成立させます。
全て荒木一郎さんプロデュース。
作詞作曲も担当。
アレンジは桜庭信幸さん。
惜しくも2014年にお亡くなりになりました。

物語が始まりそうな、なにやらドラマチックなイントロです。
ミュージカルの様な、女性ヴォーカルの歌いだし。
タイトルの中に引用されているだけあって、曲調はちょっと『MY WAY』っぽいのです。
これも荒木さんの狙いなのでしょう。
桃井さんもマイウェイだし。

人生への新しい夜明けの始まりを告げる、すがすがしいメロディとコーラスワークに花が咲きます。
歌詞とメロディに荒木さんらしい、優しい眼差しが感じられます。



このドラマは残念ながら見たことがありません。
DVDボックスになっているんですが、高いです。
どこかのCSチャンネルで放送しないかな。
過去に放送されていたんですが見逃しちゃいました。
面白そうなキャストだから絶対面白そう。

この曲はのちの1983年に出たアルバム『SCENE-PHONIC』にて荒木さんのセルフカバーが収録されていますが、そっちの方が好きです。


B面は『ラジコン・ブルース』。
一転してブルース調のロックンロールに仕上げています。
やや泥臭いギタープレイが印象的。
こちらは男性メンバーがリードを務めています。
三人のメンバーの中に、新井正人さんがいて、後にソロで活躍します。
ZZガンダムの主題歌『アニメじゃない』とか。


主題歌のシングルもサントラのアルバムもヒットを記録しますが、
さあ、これからというときに、
メンバーのリーダー格の男性が荒木さんを出し抜いて別の事務所と契約します。
このドラマに始まり、移籍騒動などの顛末は『まわり舞台の上で』に詳しいです。
なかなか芸能界はままなりません。
イロイロありますね。



『夜明けのマイウェイ』《GK-8089》〈作詞・作曲:荒木一郎/編曲:桜庭伸幸〉(03’08’’)【1979】


まわり舞台の上で 荒木一郎

まわり舞台の上で 荒木一郎

  • 作者: 荒木一郎
  • 出版社/メーカー: 文遊社
  • 発売日: 2016/10/22
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。