So-net無料ブログ作成

『KEITH/JONATHAN RICHMAN』 [米国ロック10年代]

スキャン0377.jpg

こんばんは。

キース・リチャーズの3枚目のソロアルバム『CROSSEYED HEART』を今年の初めに買って良く聴いています。
勿論アナログ盤です。
2015年の年間ベストアルバムのロック部門で多くの方がこのアルバムを選んでいました。
僕の友人のストーンズファンのNくんも絶賛でした。
ローリング・ストーンズ・サウンドの中枢を担うキースの衰えを知らぬ不良性。
ディープに我が道を往く。
いぶし銀のロックンロール、リズム&ブルース、ブルース、レゲェ。
ストーンズの良いトコどりのようなアルバム。
こんなカッコいい音楽に耳を傾けながらお酒を飲んでみたいです。
呑めないけど。

因みに僕が初めて買ったストーンズのアルバムは『STEEL WHEELS』(1989)です。

と、そんなキースにラヴコールを送るロックンローラーが一人。

その名もジョナサン・リッチマン
彼もまた我が道をマイペースで往く男。
タイトルはそのものズバリ『KEITH』。
キース・リチャーズ賛歌。
昨年の初夏にリリースされました2枚のシングルのうちの1枚です。
ジョナサンと長い付き合いのドラマーTOMMY LARKINSを迎えての演奏。
この関係性はキース・リチャーズと彼のソロアルバムを長年支えている共同プロデューサー、スティーヴ・ジョーダン(アルバム全般でドラムも叩いてる)に通じるものがあります
野菜を軽快に刻むようにザクザクとアコースティック・ギターで8ビートを弾きながら、


キース、よう、キース
 誰も君のようにギターを弾けないぜ。

と、何処を切っても同じ金太郎飴のやうなジョナサンのシンプルなロックンロールに乗せてゴキゲンに唄います。

そしてキースのギタープレイについて、

“not exactly the blues cause it’s sorta European too”

と表現しているのも興味深いです。



随所にストーンズの曲のフレーズを挟み込むのがニクイです。



B面は『THEY SHOWED ME THE DOOR TO BOHEMIA』。
こちらもドラマーのトミーとのシンプルな演奏。
静かに詩を吟じる様にギターを弾き語り始め、やがて演奏に入ります。
僕が初めて買ったジョナサンの大好きなアルバム『ジョナサン・シングス!』の頃のようなひと際朗らかで優しいロックンロールが聴けます。
2人だけの演奏家と思いきや終盤でトロンボーンがソロを吹いています。

最近のジョナサンはエキゾチックな作風が大い気がして其れは其れで楽しいですが、呑気で楽しいポップな感じの今回のシングルもやっぱり良いですね。

それと、レコードのレーベル面には33回転と指定されていて、曲が長いのかなと思って針を下ろすと、果たして3分台だったという肩透かしな感じもジョナサンらしさが出てます。

そんなジョナサン、春にはニューアルバムが出る模様です。
タイトルは『ISHKODE! ISHKODE! 』。
このシングルをリリースした“Blue Arrow”というレーベルから。
う~ん、面白そう。

以上、ジョナサン情報局でした。



『KEITH』《BAR 002》〈Written by Jonathan Richman〉(03’19’’)【2015】



イシュコデイ! イシュコデイ!

イシュコデイ! イシュコデイ!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ATOZ
  • 発売日: 2016/03/09
  • メディア: CD



Jonathon Sings

Jonathon Sings

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Bros / Wea
  • 発売日: 1993/07/13
  • メディア: CD



クロスアイド・ハート

クロスアイド・ハート

  • アーティスト: キース・リチャーズ,ノラ・ジョーンズ,ハディ・レッドベター,ジョン・A・ロマックス Sr.,グレゴリー・アイザックス,スティーヴ・ジョーダン,デヴィッド・ポーター
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/09/18
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

『スター・ウォーズ 帝国の逆襲 のテーマ/ジョン・ウィリアムズ指揮 ロンドン交響楽団』 [サントラ]

スキャン0371.jpg


遠い昔、
花山の旦那と半次兄さんが諸国を放浪するそのまた遠い遥か昔。
遥か彼方の銀河系で・・・・・・。

ハイ、スター・ウォーズ・シリーズの待望の最新作が公開されましたね。
エピソード7『フォースの覚醒』。


ご覧になりましたか。
僕は二回観ました。
一度目は昨年末に2Dで。
その次は先月終わりに3Dで。

最近は名作映画の続編が多いですよね。
『マッドマックス』然り、『ロッキー』然り。
『007』然り、あ、これは昔っからでしたね。
そのどれもが実に面白かったです。

僕が子供の頃、80年代に人気を博したシリーズがここにきて再度新しい解釈の下で再構成再構築。
そしてスター・ウォーズも。
エピソード4~6以前の三章が生みの親のジョージ・ルーカスによって製作されて、さらに十年。
夢と魔法を愛するディズニーの手によって再び新しいサーガが。

公開されてから、早一か月以上経っていますので、ネタバレしたってイイですよね。
兎に角、
ダース・ベイダーに隠し子がいたとは知りませんでした。
そしてジャー・ジャー・ビンクスの末裔も登場したり。
吃驚ですね、ってウソです。
そんなことは無かったのですが。

エピソード4『新たなる希望』への原点回帰を思わせるワクワクするストーリー展開。
おとぎ話のように明快で胸がときめくようなファンタジーを映像で具現化する魅力がスターウォーズにはありました。
神話は繰り返される。
『フォースの覚醒』でヒロイン・レイを務めるデイジー・リドリーのフレッシュな魅力。
走る雪だるま、BB-8の愛らしさ。
劇場版『ドラえもん』でのジャイアンみたいなジョン・ボイエガのフィン。
ポーカーフェイスなキャプテン・ファズマ♡。
そしてレジェンドなキャラクターたちとの再会!
ハン・ソロ、チューバッカ、レイア姫、C3-PO、R2-D2、そしてルーク。
ミレニアム・ファルコン号も元気に飛び回ります。


賛否両論御座いますが、エピソード8が早くも楽しみであります。

という訳で、今回のシングルはスターウォーズの有名なテーマ音楽を。
エピソード5『帝国の逆襲』のオリジナル・サウンドトラックから。

お馴染みのメロディを聴いただけで、パブロフの犬みたいに高揚します。
勿論迫力のある壮麗なオーケストレーション込みで。



イントロのジャーン!というオーケストラ・ヒットから釘づけ。
あのオープニングの宇宙空間へ流れていく字幕も見えてきます。
演奏はロンドン交響楽団。
華麗なるファンファーレ。
巨匠ジョン・ウィリアムズによる永遠のスクリーンテーマ。

ときどきスーパーマンのテーマと混同しがちな僕です。

エピソード5『帝国の逆襲』は反乱軍側の危機の連続。
ジェダイの騎士へ修行へ勤しむルークの試練、そして彼のお父さんの正体は?
レイア姫との恋の行方も気になるハン・ソロの窮地。



B面は『雪の中の戦い』。
物語の舞台となる、氷の惑星“ホス”での反乱軍と帝国軍との戦いでのBGM。
不穏なリフを効かせるピアノの演奏からスリリングなオーケストレーションがスピーディに響き渡ります。
ロンドン交響楽団の迫力ある演奏。
雪原の中を動くAT-ATたち。
危うし反乱軍!

帝国の逆襲、あの当時小学生でした。
ペプシの王冠を集めてましたっけ。
今のお若い方にはわかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ~。
その後のボトルキャップフィギュアみたいなものですか。


以上、
『題名の判らない音楽会』でした。
このあとも、良い日曜日をお過ごしください。

フォースと共にあらんことを。



僕はとある舞台を観に東京へ出かけます。


『スター・ウォーズ 帝国の逆襲 のテーマ』《DWQ 6090》〈作曲・編曲:ジョン・ウィリアムズ〉(05'47'')


スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: WALT DISNEY RECORDS
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: CD



スター・ウォーズ エピソード V/帝国の逆襲

スター・ウォーズ エピソード V/帝国の逆襲

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2015/10/28
  • メディア: CD



スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2015/11/13
  • メディア: Blu-ray



スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


nice!(1)  コメント(1) 
メッセージを送る