So-net無料ブログ作成
検索選択

『土曜の夜はパラダイス/EPO』 [邦楽ロック/80年代]

スキャン0385.jpg

ハイ、どうも。

全国推定7千万の土曜日ファンの皆さん、お早うございます。
一週間で一番好きな曜日は土曜日です。
そんな人は多いんじゃないか、と思います。
ちゃんと調べたことは無いですが、音楽の世界で《土曜日》や《日曜日》をテーマにした曲は結構多いと思います。
特に、まだ現在のように週休二日制が導入される以前の80年代。
完全な休日だった日曜日に対し、土曜日は“半ドン”と呼ばれ、学校などの教育機関では授業が半日で終わり、楽しい週末の始まりでした。
社会人にとっても休日前の夜は平日の夜よりも仕事を忘れ、開放的な気分を味わえる日でした。
そんな自由な曜日、土曜日の魅力を様々な角度から音楽に封じ込めた楽曲たち。
名前をつけてやる、
土曜日のシングルたちへ】。

土曜日好きが高じて土曜日にまつわるシングル盤を探し求めて三千里。

前回の『土曜日の恋人』に続いてはEPOさんの『土曜の夜はパラダイス』を取り上げましょう。
ご存知の方も多かろうと思いますが、この曲も《オレたちひょうきん族》のエンディングテーマとして流れていました。
何しろEPOさんはレギュラー化された同番組の初代エンディングテーマ『ダウンタウン』を担当してました。
勿論シュガーベイブのカヴァーバージョン。
ディスコ仕立てのゴキゲンなサウンドでした。
そして今回彼女のオリジナルソングによる《土曜日の歌》が制作されてエンディングに採用されました。
EPOさんはタケチャンマンのテーマソングも手掛けていましたっけ。
それはさておき、『土曜の夜はパラダイス』。
土曜日の夜を“天国”だと言い切っています。
パラダイスであることを証明すべく、とことんポップなサウンドに仕上がってます。

恋に遊びに夢中な若者たちにとっての土曜日の夜の得体の知れない高揚感を如実に上質なソングライティングで結実させた一曲。
何度聴いてもウキウキしてしまう魔法が詰まっています。不思議。
元気はつらつなEPOさんのヴォーカル。
そして彼女の高校時代の先輩であり名アレンジャー・清水信之氏の華麗なる編曲が冴えまくっています。
これでもかこれでもかと言わんばかりの転調攻撃。
ストリングスアレンジは乾 裕樹氏。
間奏前のEPOさんの多重コーラス、ちょっとサバンナバンドっぽくてさらに盛り上がります。



エンディングのロングトーンも技あり!

と、同時にこの曲が流れていた1980年代初頭の前向きで明るいパワーも感じない訳には行きますまい。
景気が上向きだった時代。
当時も様々な問題が政治や生活レベルで溢れていた訳ですが、何だか振り返ってみると明るいイメージが湧いてきます。
音楽もそうです。
レコード全盛であり、携帯型のカセット・プレイヤー〈WALKMAN〉の普及で益々音楽と生活が密接に感じられていた時代でした。

1983年のアルバム『VITAMIN EPO』収録。
このアルバムも最高です。

続いてはB面曲『うわさになりたい』。
爆風スランプに同名曲がありましたっけ。
これは1982年の同名アルバムのタイトルナンバーでもあります。
そちらは『う・わ・さ・に・な・た・い』表記ですが。
ラテンの味付けを少々施したミディアムテンポのポップナンバー。
ここでも彼女のメロディセンスに脱帽です。
素晴らしい。
友達同士がそれぞれの恋人を誘って、集団でドライヴ。
自慢のパートナーを持つ優越感を歌っています。



現在もマイペースで活躍されて、数年前には土岐麻子さんへの提供曲『Gift〜あなたはマドンナ〜』の名曲ぶりで健在を示しました。
明るい曲も哀しい曲もEPOさんの歌唱とメロディにはグッと来てしまいます。
素晴らしいGIFT(才能)の持ち主。

これからもどうぞお元気で。

それでは皆さん、はばないすさたでー!

『土曜の夜はパラダイス』《RHS-541》〈作詞・作曲:EPO/編曲:清水信之/ストリングス編曲:乾 裕樹〉(04’07’’)【1982】




ビタミンEPO

ビタミンEPO

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BMGメディアジャパン
  • 発売日: 1999/06/23
  • メディア: CD






nice!(0)  コメント(2) 

『復活LOVE/嵐』 [ジャニーズ]

スキャン0383.jpg

ども。
飛び石連休(死後)の始まり~。

達郎さん繋がりでこのシングルを。

のニューシングル『復活LOVEです。
リリース前から話題沸騰でしたね。

嵐と言えば、いまやジャニーズで名実ともに最も勢いのあるグループ。
もう20年近いキャリアを誇ります。
達郎さんとはデヴューの頃から知り合いだったそうです。
特に松本潤さんとは懇意だったそうで。
彼が主演した映画『陽だまりの彼女』のテーマソングは達郎さんが手掛けていましたね。
成熟した男性アイドルグループと、ジャニーズを付かず離れず長年見守り続ける達郎さんとのコラボレーション。

勿論結果としてオリコン一位を獲得、前作よりも多く売れたそうです。

達郎さんによる本腰を入れた作曲・アレンジ。
クレジットはされていませんが、プロデュースと言っていいほど。
作詞は奥方・竹内まりやさん。
内容は嵐版の『ゲット・バック・イン・ラヴ』って感じで。
勿論曲調は異なりますが。
達郎さん考える『ジャニーズ』というか、王道感のあるサウンド。
トレードマークの様なイントロのエレキギターのカッティングと多重コーラスの栄えるイントロが聴こえて来れば、揺るぎない安定感のある歌謡ポップスが堂々と展開されていきます。
アーバンでメロウなサウンド。
ロマンティックなメロディ展開。
間奏のゴージャスなストリングアレンジにゾクゾクしました。
他にもここぞという箇所でメンバーによる台詞(というか一言)をいれたり、ドラマティックです。

それは大衆、そしてファンの期待に十二分応えるエンターテイメント。
達郎さんは恒例の長期のコンサートツアーを開催中ながら、メンバーのそれぞれのレコーディングに立ち会う気合の入れよう。
5人のヴォーカルの個性を引き立てるべく、ユニゾンではなくソロパートを歌い継ぐようにヴォーカルが進行していきます。
嵐に詳しくない僕にもそれぞれの声質、歌い方の違いが判ります。
熱烈なファンならたまらないでしょう。
近田春夫さんが以前からジャニーズの音楽を高く評価している点に、ヴォーカルスタイルが挙げられていましたが、歌声にクセが無くて、澄んだ響きがあり、聴いていて不快感や違和感はありません。
それを今回の嵐のシングルでも感じました。

作詞をまりやさん、作曲を達郎さんが手掛けたシングルと言うと、森光子さんの『月夜のタンゴ』がありました。
達郎さん自身のシングル『忘れないで』もまりやさんとの共作でした。
これで三枚目のシングルです。
シングル以外では他にも何曲かありますが。
恐らくこの夫婦での共作作品としては今のところ最も売れたヒットシングルでしょう。
ここで言いたいのは夫婦でのソングライターコンビという点において、達郎さんが最も敬愛するアメリカの作曲家のバリー・マン、そしてその奥方であり作詞家のシンシア・ワイル、その二人の有名なソングライターコンビに達郎&まりやのコンビは限りなく近づいているのではと思った次第。
謙虚な達郎さんはそんなことを意識しているかは判りませんが。

とにかく、最近とんと流行り歌に疎くなっているので、久しぶりに《ヒットした曲》を聴いたな、と言うのが正直な感想です。ベストテンとかヒットスタジオで唄っている姿を想像したり。
それが愉しいです。

2016年の“これがヒットだ!”


僕が購入したのはシングルの通常版でした。
それには『復活LOVE』以外に3曲も収録されました。

驚くことにそれらの曲もお世辞抜きにイイ曲なのでした。

2曲目は『愛のCollection』。
浮遊感のあるテンポのシンセのリズムからのメロウなテクノのミディアムポップ。
すごく完成度が高くて感動しました。メンバーのヴォーカルも上手いですね。
作詞はPaddy 作曲はchris Parker、アレンジは吉岡たく、と言う方々が制作しています。

3曲目は『Bang Bang』。
ジャジ―なキャバレーソング風な曲。
これがまたうっとりするような美しいメロディがダンサブルサウンドに乗って展開されます。
これもカッコいいです。
作詞は100+、作曲はRobert Hanna、Ninos Hanna、Jeppe Reil Thomas Reil、アレンジは石塚知生と言う方々による作品。

4曲目『Are you ready now?』
キャッチ―なメロディのフレーズの繰り返しから始まる、これまたついつい耳が引き寄せられていく一曲。
作詞はみうらともかず、作曲とアレンジはJeremy Hammond。

う~ん、上記の3曲とも負けじと僕好みの内容でした。
嵐のアルバムはこういう曲が他にも入ってるですかね。
だったら買いたいです。
恐るべし嵐。
向かうところ敵ナシですな。

達郎さんの楽曲提供作品は出来ればこれからも沢山聴きたいです。
まりやさんが作詞をするのなら、ジャニーズだけでなく、女性アイドルにも書けるのではないでしょうか。
是非とも女性アイドルの運営の方々は気合と覚悟と十分な製作費でご検討を。

『復活LOVE』《JACA-5579》〈作詞:竹内まりや/作曲・編曲:山下達郎〉(04’50’’)【2016】


復活LOVE【初回限定盤】(DVD付)

復活LOVE【初回限定盤】(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: CD



復活LOVE【通常盤】

復活LOVE【通常盤】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 

『土曜日の恋人 /山下達郎』 [山下達郎]

スキャン0182.jpg

ども。
不定期更新のきまぐれブログ、『03’54’’』どえーす。

今日は4月23日。
ロイ・オービソンの誕生日、シェイクスピアの命日、そして・・・・。
それは置いといて。

今日は土曜日。
待ちに待った週末の始まり始まり~。
1週間で一番大好きな日。
でもここ数か月は仕事が忙しく、土曜日も出勤ばかりでした。

しかし、今回の土曜日は休みです。
そんな気持ちの高まりをこのシングル盤でお祝いしましょう。

山下達郎さんで『土曜日の恋人』。
彼の作品でも特に大好きな一曲です。

僕と同世代の方なら、この曲を知ったのは『オレたちひょうきん族』のエンディングテーマとして起用されたのがきっかけだという方が多いのではないでしょうか。
シングルのジャケットは番組のエンディングのクレジットに使われた映像から使用されています。
動く映像をバックに曲が流れていました。
今では大したことないCGですが、当時としては画期的に映りました。
時代を感じさせます。
でも達郎さんの音楽は今聴いても新鮮ですね。

そしてこれが達郎さんの音楽を知る本格的な出会いの曲でした。
この曲が流れたのは1985年の秋頃だったと思いますが、
翌年発売された達郎さんのニューアルバム『ポケット・ミュージック』のA面の一曲目でもあります。
ナントこのアルバムの発売日は今からちょうど30年前の1986年4月23日でした。

このアルバムへの想いはプロモ盤シングル『ポケット・ミュージック』に詳しく書いています。


『土曜日の恋人』は達郎さんがお好きだったボビー・ヴィーやゲイリー・ルイス&プレイボーイズあたりの60年代前半のアメリカン・ポップスのサウンドを狙って作られたナンバー。
プロデューサーで言うと、スナッフ・ギャレットの制作作品。
めくるめく色彩豊かなピアノのイントロ。
乱れ打つドラムの劇的な響き。
不意を突くような展開で3分のドラマが幕を開けます。
軽快な旋律。
躍動するリズム。
オールディーズタッチのサウンドは、それまでの達郎さんの作品にありそうで無かったと思います。

♪ 降り出した雨と 動き出す街の~

折角の土曜日のたそがれ時、待ち合わせの頃に降り出す雨なんて幸先が悪い筈なのに、何だか良いことの前触れのように聴こえてくるのが達郎さんのレインソングの特徴。

雨に滲んだ舗道に街灯のネオンが反射して得も言われぬ輝きを放つように、雨の景色も決して捨てたものでは無い。

シュガーベイブの『ダウンタウン』の《雨バージョン》という感じで、七色のたそがれはネオン色のレインコートに映っているのです。

楽器の演奏は、ドラムに青山 純さん、勿論ベースは伊藤広規さん、ピアノとチェレスタは難波弘之さん、とお馴染みのメンツでのコンパクトな響き。アクセントでゴージャスな彩りを添えるハープは山川恵子さん。
ギター類、オルガン類、打ち込み、そして間奏の口笛は達郎さん。

とにかく、とにかく大好きな曲なのですが、

な、なんと昨年の秋からつい先日の20日まで敢行されていた達郎さんの最新のコンサートツアーにて、遂に聴くことが出来ました!!
達郎さんによれば今回のツアーまで一度もライヴで演奏されたことのない曲だったそうです。
そういえば、僕もこの曲は一度もライヴで聴いたことは無く、この先もきっと聴くことは無いと思っていただけに、ほぼレコードと同じアレンジでイントロを聴いたときは驚きと喜びで眩暈がしそうでした。
恍惚の3分はあっという間に過ぎていきました。
この感動をもう一度体験したくてもう一度ライヴのチケットを手に入れました。
現在住んでいる大阪でのフェスティヴァルホールと、出身の静岡にある静岡市民会館にて、感動のひと時を過ごしました。

こうしておおっぴらにネタバレが出来るのもツアーが終了したからです。
達郎さん、バンドのメンバーの皆さん、そしてツアースタッフの皆さん、今回も素晴らしいライヴを有難うございました。

今回のツアーのもう一つのハイライトは、フランキー・ヴァリの『君の瞳に恋してる』のガチンコのカヴァーでしょう。ミュージカルや映画でフォーシーズンズの再評価が高まる中、フォーシーズンズをこよなく愛する達郎さんにも一抹の想いが過ったのでしょうか。
前から一度歌いたかったとのコトですが。
これがメチャクチャ凄かったです。素晴らし過ぎました。
達郎さんもノリノリで、フロアショーっぽいムードを愉しみました。
花道のある会場では客席近くまで歩いて大きな声援を受けていました。
そのときはステージ袖からスタッフの方がいつも使うコード付きのマイクではなく、ワイヤレスを達郎さんに手渡していました。
返す返す達郎さんは芸人だなぁと感服した次第。
もう一度観たい。
他にも、大滝詠一さんを偲んでの『レッツ・ダンス・ベイビー』のナイアガラ・メドレー、
『ダンサー』での宮里陽太さんの超絶のサックスソロにも痺れましたし、
今回のツアーから加入した女性コーラスのHARUNAさんとENAさんの歌声などなど、
毎年のようにツアーに出られますが、変わらないようでいて、年を追うごとに進化を続けている達郎さんのアクティヴな姿勢には驚かされます。

来年のツアーも楽しみです。
『JOY 2』が効ける日も近い?

ハイ、お話をシングル盤に話を戻して。
因みに、アナログでの『ポケット・ミュージック』に収録されている『土曜日~』はミックスが異なります。
現行のCD版ではシングル・バージョンが採用されていますが。

B面は『MERMAID』。
1979年頃に曲自体は出来ていたそうですが、アレンジに関して問題があり、お蔵入りしていたそうですがデジタルでの打ち込みの試行錯誤によって完成を見た一曲。
いわゆる同期でのサウンド。
打ち込みのドラムの音が少し時代を感じさせますが、ロマンティックなミディアムのラヴソング。
アラン・オデイ氏による英語詞。
『ポケット・ミュージック』はファンの方はご存じのように達郎さんにとって本格的なデジタル・レコーディングによる初のアルバムでした。

と云うわけで、今回からひとつ企画を始めようと思います。
本日のように土曜日に記事を更新したときには【土曜日】にまつわるシングルを取り上げたいと思います。
だからどうした、と言う感じですがとにかくやってみます。
毎週土曜日に更新日が重なるとは限らないので不定期と言えば不定期。

まぁ、別に大したことは無いです。
長年温めていたホンの思い付きのひとつです。
こういうアイディアはコレクターなら誰でも考え付くことですね。
nakamura 8cmさんには適いません。深いです。

これからも独りよがりブログをお楽しみに。


『土曜日の恋人』《MOON-721》〈作詞・作曲・編曲:山下達郎〉(03’11‘’)【1985】



POCKET MUSIC

POCKET MUSIC

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ダブリューイーエー・ジャパン
  • 発売日: 1999/06/02
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(4) 

『がんばれば愛/クレージー・パーティー』 [ナイアガラ]

スキャン0382.jpg

こんばんは。
約ひと月ぶりの更新となりました。
二月~三月は仕事の繁忙期でありまして、帰宅するとご飯を食べたらバタンキューの毎日でした。
ようやく四月になって少し落ち着いてきました。

これからも少しづつマイペースで更新して行く筈ですので、よしなに。

まずはこのシングルです。

久々のアニメソング。
プロ野球シーズン開幕!という訳で。

アニメーション映画がんばれ!! タブチくん』の第二段『激闘ペナントレース』のテーマソングです。
タイトルは『がんばれば愛』。

『がんばれ!!タブチくん』は勿論当時、西武ライオンズの一員だった田淵幸一選手をモデルとした、
いしいひさいち先生による四コマ漫画でした。
この漫画の単行本が当時、自宅にありました。
恐らく父親が買ってきたのだと思うのですが、これを読みだしてハマりました。
小学校低学年の頃の僕です。
野球について、ましてやパ・リーグについての知識は無に近いほど乏しかったにも関わらず、子供ながらに楽しかったのです。
実在の選手をコミカルに描いているという、以前にその絵柄の面白さに魅了されたのだと思います。
少し大人になってから読み返してもやはり面白いのです。
ここからいしいひさいちワールドにのめり込み始めていきます。
同時期に始まった『おじゃまんが山田くん』に夢中になるのも時間の問題でした。

勿論、このアニメのテーマソングを拙ブログで取り上げない筈がありません。
いしいひさいち先生への想いも語っています。
ホント偉大なる四コマ漫画家なり。

それはそれとして、
このアニメのテーマソングは不思議とずっと記憶に残っていて良く覚えていました。

そしてこの曲を作曲したのが何と大滝詠一さんだと判ったのは20代の初めでした。
吃驚しました。
1995年にリリースされた『大滝詠一作品集 VOL.2』にこの曲が収録されていたのです。
この曲が作られる経緯は大滝さんご本人の解説に詳しいです。

ここで“いしいひさいち”と“大滝詠一”という個人的に大好き過ぎる方がリンクして嬉しかったです。



作詞は大滝さんとCМソングで数多く共作した伊藤アキラさん。
プロ野球の世界と全く関係ないナンセンスな言葉遊びが展開されていますが、
いしいひさいちワールドと何だか繋がっている気がしてイイ塩梅です。
伊藤さんの歌詞を元に編み出した大滝さんのメロディはお得意のお囃子ポップス風に。
朗らかでキャッチ―な旋律が楽しいです。
『ゴー!ゴー!ナイアガラ』(アルバムの)辺りの曲調を髣髴させます。
アレンジは大滝さんによるものでは無く、乾 裕樹氏が担当していますが、コーラスは大滝さんの多重コーラスで展開されています。だから多分にナイアガラっぽくてユーモラスです。
この曲のコーラスも聴きどころです。
リードヴォーカルを務めているのがスターダスト・レヴューの根本 要さんで、これまた驚きです。
なんとまぁ、豪華な組み合わせ。
この作品での曲想が翌年(1981年)に発表される『君は天然色』で活かされているのは後々判ってきたことです。間奏のところとか、リズムとか似ていますね。
『がんばれば愛』を含め、70年代からの様々な試行錯誤の成果が『ロング・バケイション』に込められているのです。

B面は『涙の誘惑ストリート』。
マイナー調の歌謡ポップスって感じの作品。
作詞:岡田冨美子、作曲:鈴木キサブロー、編曲:乾 裕樹
根本さんのヴォーカルはこ歌謡メロと実に相性が良いです。


ハイ、今回このシングルを取り上げたのはプロ野球開幕だから、というのは世を偲ぶ仮の姿、
本当は、大滝詠一名義の新作アルバム『DEBUT AGAIN』がリリースされたからに他なりません。
このアルバムに対する複雑な感情は、レコードコレクターズのアルバム特集号での安田謙一さんによるレヴューが代弁して下さっています。有難いです。
このリリースを大滝さんはどのようにお考えなのだろうと、言う気持ちは勿論死人に口なしなので判りません。
萩原健太さんによれば、このような未発表音源については《死後公開だな》というコメントをされていたと、雑誌のインタビューで知りました。
イロイロ考えますが、結局音楽というモノは作者の考えていた意図とは無関係にリスナーへ聴かれていくのだと改めて思いました。
どんなに完璧主義な音楽家でもリスナーの耳までコントロールすることは難しいのだと思います。

そんなモヤモヤした思いをよそに、『DEBUT AGAIN』は清々しいほどに歌手・大滝詠一の魅力を堂々と響かせています。
もうどうでも良くなってしまうほど。
初回盤のDISC-2での通称《リハビリ・セッション》でののびのびと快調な唄いっぷり。
いち音楽ファンとして、ロックンロール・ラヴァ―として歌と演奏を楽しまれているのが見事に記録されています。

今後、このような未発表音源の公開がさらに実現されるのか判りませんが、日本の歌謡史上もっとも数奇な音楽家の存在への興味はまだまだ尽きないのです。


それにしても、プロ野球のこと、全然書いてませんね。
申し訳ない。
また今年も友人と観戦したいなぁ、と思ってます。


『がんばれば愛』《DKQ1082》〈作詞:伊藤アキラ/作曲:大滝詠一/編曲:乾 裕樹〉(04’04’’)【1980】



DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)




Best Always(初回生産限定盤)

Best Always(初回生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2014/12/03
  • メディア: CD



A LONG VACATION 30th Edition

A LONG VACATION 30th Edition

  • アーティスト: 大滝詠一
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2011/03/21
  • メディア: CD



大瀧詠一 SONGBOOK2

大瀧詠一 SONGBOOK2

  • アーティスト: レノン=マッカートニー,松本隆,萩原哲昌
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1995/03/24
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(2) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。