So-net無料ブログ作成

『SATURDAY NIGHT AT THE MOVIES/THE DRIFTERS』 [ソウル/60年代]

スキャン0401.jpg

ども、土曜日よりの使者、『03'54’’』どえーす。

本日も《土曜日のシングルたちへ》で参りましょう。
前回は70年代のグラムロックでしたが、今回は50年代のR&B。
ご紹介するのはザ・ドリフターズ。
『SATURDAY NIGHT AT THE MOVIES』。
ドライブインの次は映画館で。

カタカナ表記だと、どうしても頭の中ではコントが楽しい、おかしな5人組の“ドリフ”をイメージしちゃうのは昭和のテレビジョン・エイジの性(さが)なのでしょうか。





 ♪ ちがう、ちがう、そうじゃない!

ニューヨークの黒人コーラス・グループのTHE DRIFTERSです。
50年代から60年代、アトランティックレーベルにて数々のヒットを残した名門グループ。
そんな彼らの1964年のシングル。
DRIFTERSはリードヴォーカリストが何度か変わっています。
この時期のリードを取ったのはジョニー・ムーア。
彼は1954年に加入して、57年に一度脱退していますが、1964年に復帰しまして、
その時期の作品。

歌の内容は、一言で言えば、

“8時だョ!映画館に彼女と集合!!”

です。
お気に入りの彼女を連れて、土曜日の夜8時に近所の映画館へ。
お茶の間にいる場合じゃないぞ、と。
二階席の最後列で彼女とイチャついて観るのならどんな映画でも構わない。

ですと。

曲を書いたのは夫婦ソングライターコンビのバリー・マンとシンシア・ワイル。
シャッフルっぽいリズムに乗って明朗なメロディが展開されます。
ジョニー・ムーアさんのゴキゲンな歌声。
どこまでも届きそうな晴れやかな節回し
さりげなく響かせるファルセットもイイ感じ。



実に表情豊かに歌っているジョニー。
達郎さんもこのシンガーがお気に入りなのでした。

プロデュースはバート・バーンズ。
この方もヒットメイカー。


“後半しゅっぱーつ”。

B面は『SPANISH LACE』。
かつてのグループのメンバー、ベン・E・キングには『スパニッシュ・ハーレム』という作品があり、間違えそうになりました。失礼。
この曲はカヴァー曲で、オリジナルは、黒人シンガーのジーン・マクダニエルの1962年の作品。
曲を書いたのはこちらも名ソングライターコンビのドク・ポーマスとモート・シューマン。
ミディアムテンポの繊細で清廉なバラード。
しっとりと落ち着いたムードで朗々と唄うジョニー・ムーア。
厳かな雰囲気のコーラスも良いですね。
『ラストダンスは私に』に通じる感じです。

スペイン風な織り方で出来たレース、なのでしょうか。





さぁ、土曜日の夜。
映画に行くにしても大抵は一人で観に行きます。
でもそれは悲しいことではなく。

今夜は何を観ようかな。

では、はばないすさたでー。

『SATURDAY NIGHT AT THE MOVIE』《45-2260》〈Written by BARRY MANN & CYNTHIA WEIL Arranged by TEACHO WILSHIRE〉(02'26'')【1964】


Definitive Collection

Definitive Collection

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Warner Spec. Mkt. UK
  • 発売日: 2003/05/27
  • メディア: CD



Born to Be Together-Songs of Barry Mann & Cynthia

Born to Be Together-Songs of Barry Mann & Cynthia

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ace Records UK
  • 発売日: 2013/03/05
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『6月の歌/曽我部恵一』 [邦楽ロック10年代]

スキャン0399.jpg

こんばんは。

気が付けば、今年も半分くらい過ぎようとしています。
はぁ。

という訳で、6月なので、川の流れのように『6月の歌』をご紹介。

曽我部恵一さんの3年前にリリースしたシングル。
毎年6月になったら取り上げよう取り上げようと思ったまま3年経ってしまいました。

ソロになってからの曽我部さんはご自身で立ち上げた個人のレコードレーベル『ローズ・レコード』から音楽を発信しています。
それも実に精力的に。
かれこれ12年になりますが、
これまで出したソロ名義の作品はどのくらいあるのでしょう。
ちょっと数えきれません。
軽いフットワークで旺盛な創作意欲で作品を出し捲ってます。
ソロ以降、ご自身の生活と音楽がより密接に繋がっており、日記を書くように、日々の心象を音楽でスケッチするように楽曲を発表されています。
其処がサニーデイ・サービスと異なるところだと思います。

この『6月の歌』も彼のモノローグの様な仕上がり。
アコースティックな編成で、マイルドな歌とメロディを紡いでいます。
良いモノも悪いモノもあるがままに全てを受け入れてくれるような大らかさ、そしてまなざしの優しさが伝わってくるのです。
彼の音楽の強さも感じます。

小さなひとときのしあわせに浸るようにこの曲が心を静かに流れていきます。




この曲も収録している、
2013年に発表された彼のアルバム『超越的漫画』は数あるアルバムの中でも
素晴らしい内容でした。
モノラル録音でシンプルでプリミティヴな曽我部さんならではのロックン・ロールを響かせていました。
とにかく音がイイです。

そして、『6月の歌』は、今年発売されたかもめ児童合唱団のファーストアルバムでカヴァーされました。

あとの曽我部さんのファーストアルバム『曽我部恵一』には『5月』と言う曲もあります。
この曲も好きです。



B面は『コーヒーとアップルパイ』。
『超越的漫画』に未収録の楽曲。
『6月の歌』にも参加した北山ゆう子さんのドラム、伊賀 航さんのベースのリズム隊のグルーヴがとても効果的にファンキー。高野 勲さんの鍵盤の響きもメロウな一曲。
曽我部さんのファルセットの歌声もセクシー。
隠れた名曲と言えるでしょう。


さまざまな形態のソロ活動、そしてサニーデイサービスでの活動などなど、自由で大胆でポジティヴで元気な曽我部恵一さんの音楽活動はロックン・ロールの理想です。
同世代の尊敬するミュージシャン。
これからも楽しみです。

『6月の歌』《ROSE161X》〈作詞・作曲・編曲:曽我部恵一〉(03’05’’)【2013】



超越的漫画

超越的漫画

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ROSE RECORDS
  • 発売日: 2013/11/01
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『THE DRIVE-IN SATURDAY/DAVID BOWIE』 [英国ロック/70年代]

スキャン0397.jpg

お早うございます。

週末のエアポケット、『土曜日のシングルたちへ』。
先週は更新をお休みしてしまって、全国3億5400万人《推定》の土曜日愛好家の皆さんをヤキモキさせてしまいました。
ですが無事に行方不明だった北海道の小学生が保護されてホッとしましたね!!

さて今回は初の海外からの土曜日のシングル。
そして逝けるロックロール・スターを偲んで。

デヴィッド・ボウイの『ドライブ・インの土曜日』。
アルバム『アラジン・セイン』からのシングル。
アルバムもこのシングルも1973年の4月にリリースされました。
僕の生まれた年の生まれた月の作品という事もあり特に好きなデヴィッド。ボウイの作品です。
確かフェイセズの『ウー・ラ・ラ』も1973年の4月に発表されたと思います。
とにかく1973年に発表された音楽、そして映画は面白いモノが多いのです。

このシングル盤は2013年のレコードストアデイで発売されたピクチャーシングル。
同時期に発表された『アラジン・セイン』の40周年記念のデラックス版のCDと連動して発売されました。
そのときに買ったものです。
2012年の『ジギースターダスト』の40周年記念盤と連動して発売された『スターマン』以降、毎年のように彼のシングルがレコードストアデイでピクチャーレーベル仕様にて発売されるようになりました。

それはそれとして。
前年の1972年に出された『ジギー・スターダスト』の大成功であのアルバムの架空のキャラクター、ジギーを演じることへの反動のように次のアルバムでは『アラジン・セイン〈A Lad Insane〉(狂気の青年)』と名乗り、アメリカ・ツアーで訪れた当時のアメリカの街並み、人々、世相を作品でスケッチしています。



本日、取り上げる『ドライブインの土曜日』もそんな彼独特の視点を感じます。
世紀末感のある退廃的なムードが三連のロッカバラードで唄われています。
コーラスは彼の多重コーラスで被せられています。
50年代風ドゥーワップな感じもします。
静かに始まる演奏から、
淡々とクールに進行するAメロ、Bメロから一転堰を切ったようにエモーショナルに展開するサビのメロディがかっこいい。ボウイ氏の繊細でニヒルな歌いっぷりにも痺れます。
う~ん、素敵過ぎる。
終盤の激しい歌声とシャウトも良い。

It's a crash course for the ravers
 
  享楽者たちの為の破滅コース

 It's a drive-in Saturday

  それは土曜日のドライブ・イン


土曜日のドライブインで何が起こったか?

アルバムとしては全体的にジャズピアニスト、マイク・ガーソンの耽美的なピアノ演奏がフィーチャーされていますが、この曲ではケン・フォードハムによるサキソフォンが活躍しています。
マイク・ガーソンはこれ以降、ボウイのレコーディングへ長期に渡り参加し続けることになります。


この曲は英国では3位までチャートを上り詰めるヒットとなりました。


B面は同曲のライヴテイク。
この記事で紹介している動画、ロンドンのテレビ番組《RUSSELL HARTY PLUS POP》からのスタジオライヴでの演奏と同じ音源が奇しくも使用されています。


振り返るとこの時期のデヴィッド・ボウイは凄いですね。
プロデュースしたルー・リードの『トランスフォーマー』、楽曲を提供したモット・ザ・フープルの『すべての若き野郎ども』もほぼ同時期。
そして僕が生まれた1973年4月に初の来日公演を敢行しているじゃないですか。
それだけで興奮してきました。
10月には次なる作品の『ピンナップス』、これはカヴァーアルバムですが、リリースをします。

そしてお亡くなりになる今年まで精力的に創造力豊かな活動を続けてこられたのですね。
ギリギリの最期の最期まで紛う事の無きアーティストであったと。
拙い文章ですが、
改めてその偉業に敬意を表します。

真実のスター、★になったデヴィッド・ボウイ。
類稀なる感性、比類なき美貌、そして
あのジャケットの顔面の額に描かれた稲妻のように才能の閃きは永遠です。

では、はばないすさたで~。


『THE DRIVE-IN SATURDAY』《DBDRIVE 40》〈Written by David Bowie〉(04’18’’)【2013】


アラジン・セイン 40周年記念盤 (完全生産限定盤)

アラジン・セイン 40周年記念盤 (完全生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2013/04/17
  • メディア: CD



アラジン・セイン(紙ジャケット仕様)

アラジン・セイン(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージックジャパン
  • 発売日: 2009/10/28
  • メディア: CD




ジギー・スターダスト  <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品

ジギー・スターダスト <FOREVER YOUNG CAMPAIGN 2015>対象商品

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2014/01/29
  • メディア: CD



★(ブラックスター)

★(ブラックスター)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2016/01/08
  • メディア: CD



ベスト オブ ボウイ デヴィッド・ボウイ SCD-W14-KS

ベスト オブ ボウイ デヴィッド・ボウイ SCD-W14-KS

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 株式会社ラティーノ
  • 発売日: 2016/06/10
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る