So-net無料ブログ作成
検索選択
佐野元春 ブログトップ
前の10件 | -

『みんなの願いがかなう日まで/佐野元春&ザ・コヨーテバンド』 [佐野元春]

yjimage.jpg

ハイ、こんちは。


今回も1986特集をしようかと思ってましたが、
仕事でバタバタしてまして、連続更新できず。

まぁ、もう年の瀬ですし、あの特集だと春から夏向けのシングルを取り上げるつもりでしたので、
季節ハズレな気がして、一旦お開きです。
来年また仕切り直しです。

そんな訳で、今回は季節感満載、クリスマスです。

久しぶりに元春の作品。
配信限定シングル、『みんなの願いがかなう日まで』。
彼のクリスマスソングと言うと、『聖なる夜に口笛吹いて』ですが、
2013年にリリースされたこの曲もクリスマスソングです。

近年行動を共にしているザ・コヨーテバンドとの演奏。

ウクレレの朗らかなストロークが聴こえてくるイントロ。
この楽器のなんて優しい音。
ポップス黄金のハートフルなリズム、シャッフルビートが胸の鼓動と共鳴。
フルートの素朴な音色も聴こえます。

『聖なる夜~』同様、この曲も様々な場所で様々な境遇にいる人々への温かい想いが歌の中に詰まっています。
慈悲の心。
煌びやかな装飾は無いですが、ホットなコヨーテバンドのバッキング。
NRBQの『CHRISTMAS WISH』に通じる楽しい演奏。

 ♪今ここにはいない大事な人に
 メリークリスマス

作品を出すごとに元春とバンドのメンバーとの深まる絆を感じます。
この曲もとっても素敵です。

日々、日本の国内外の情勢について、伝わってくるニュースからは明るいニュースより不安や悲しい知らせが圧倒的に多いと思います。

海外の紛争、災害。
そして昨日の新潟での大火災。
もう、何というか、言葉になりません。
どうして、こうなってしまったのかと。

失意の中、厳しい寒さの中で年を越さなければならないのかと思うと。

時間が撒き戻ってくれたら、と思います。

今年は熊本でも大きな地震がありました。
他の地域でも大小の地震が記録されています。

世知辛いですね。
これからどうなってしまうのでしょう。




貧困や差別が無く、安心に暮らしていけたらと、願わずにはいられません。

Let's stay Together

みんなの願いがかなう日まで。

冷たい夜にさよなら

どうか。

『みんなの願いがかなう日まで』〈作詞・作曲・編曲:佐野元春〉(04’28’’)【2013】







nice!(0)  コメント(2) 

『ジャスミンガール/佐野元春』 [佐野元春]

スキャン0381.jpg

こんばんは。

デヴュー40周年の達郎さんのライヴを観た話は既にしました。
デヴュー35周年の元春のライヴを観た話はまだでしたね

お二人とも僕が十代のころから追いかけているミュージシャン。
共に大滝さんと縁の深いナイアガラ・トライアングルOB同志。
どちらも大阪フェスティヴァル公演を観ました。
達郎さんは昨年の12月、
そして元春は今年の3月13日。
彼の60歳のバースデイに。

コヨーテ・グランド・ロッケストラ》なる、コヨーテバンドのメンバーを主体としながら、
ハートランド、ホーボーキングバンドのメンバーも参加しての、今回の為に組まれた編成でのバンド。
30周年の時もスペシャルなメンバーでしたが。
思うのは元春はソロで活動をしていながら、常に《バンド》を疑似的ではあるけど固執してきたという事です。
そして素晴らしい音楽仲間と活動してきたという事を常に彼自身が言葉にしています。
達郎さんもライヴでは常に固定されたメンバーとの演奏を大切されていて、《バンド》へのこだわりを感じさせます。

そしてお二人ともライヴの演奏時間が3時間半なのでした。
元春のコヨーテバンドでのライヴはこれまで少し短く感じていましたが、
今回は35周年という事でステージに出づっぱりで休息も殆ど取らず演奏していました。
ライヴの定番のナンバーは勿論ですが、これまでライヴで聴いたことの無かった曲も幾つかありました。

そして今回取り上げるシングルは、久しぶりにステージで聴いた曲でとっても印象に残ったモノです。
ハイ、『ジャスミン・ガール』。
『バッド・ガール』『レイン・ガール』と並んで【ガール三部作】と、今勝手に僕が思い付きで名付けます。
1990年秋のシングルです。
アルバム『TIME OUT!』からの先行シングルでした。


この曲は何というか、元春による女性賛歌と言っていいと思います。
大都市、または地方都市で生活して、普通に仕事に就いて日常を送っている女性たちへの普遍的なラヴソング。
元春は現在のご自身で運営しているレコードレーベルが『Daisy music』と名付けられているように《花》が大好きなので、他にもコンサートのタイトル、そして今回のように曲名に花の名前を入れたりします。ジャスミンのように香しく、健気に生きている女性。
慎ましくも気品を湛えて日々を生きる女性へのエールが歌詞に込められています。
元春の理想の女性像が歌詞に描かれているのでしょう。



親しみ深いメロディラインも魅力だし、元春の歌声も明快。
70年代風なシンプルかつ温かいハートランドの演奏に乗って。
エンディングのハーモニカの響き(元春が吹いているのだと思います。)もグッときます。
派手さは無いですが、洗いざらしのシャツ、履きなれたスニーカーのように心地よくフィットする颯爽とした、素敵な曲です。
このアルバム辺りから元春のソングライティングの視点がより日常的なモノにシフトしていると感じられます。
それは近年のアルバム『THE SUN』(2004)に収録されている『希望』という曲でも顕著です。

 俺はありふれた男

と、市井の人々を彼なりの距離感でスケッチしています。

今回のツアーではこの曲を披露するときに、
長年応援してきたファンに対して、

「いつかどこかで、僕の曲を発見してくれて、僕を支えてくれたみんなに、感謝したいと思います。女の子たちは、学生服の人もいて、男の子たちは、似合っているんだか似合っていないんだか分からない服を着て、僕のロックンロールに夢中になって、歌ったり踊ったりしていた。それは奇跡だと思います。いろんなことがあって、生き抜いて、どうにかサヴァイヴしてきた。そのことをみんな、もっと誇りに思っていいと思うよ」

と元春はコメントしていました。
平凡な人生、普通の生き方、と簡単に言い切ることが出来ない位、今を生きるコトは大変なんだと思います。
山田太一氏の素敵なドラマじゃないけど、『ありふれた奇跡』の連続の果てに僕らは生きているのだ、とときどき思います。
元春による女性賛歌はアルバム『ZOOEY』(2013)の『スーパー・ナチュラル・ウーマン』にも受け継がれていますね。

そう云えば、あまり関係はないのですが、よくペットボトルのジャスミン茶を飲みます。

カップリングは『空よりも高く』。
アルバム『TIME OUT!』の最後を飾る曲でもありますが、オリジナルは7分近くの長尺の為、シングルでは少し短くエディットされています。
一人の男が、真夜中に車を運転している。
どうやら家路に向かう途中で遠い距離を走っている。
その道すがらの物語。
シンプルなフレーズが続く、淡々とした展開のミディアム調の内省的な作品。
家へ帰ろう”という歌詞のリフレインが深く、じんわりと響いてきます。
ハートランドの緻密で静謐を湛えた確かなアンサンブルも聴きどころだと思います。
この曲を初めて聴いたのは彼が当時担当していたラジオでした。
月曜から木曜日までの25分ほどの帯番組でした。
アサヒビールがスポンサーの『TASTY MUSIC TIME』という番組名で。
最初に聴いたときの印象はビートルズの中期のような、ジョン・レノンが作りそうなシンプルな曲と言うイメージでした。
真夜中を舞台にしたバラード調の長尺の作品という事で、初期の作品『ハートビート』も髣髴させます。
あの曲の登場人物、小さなカサノバが時を重ねて30代くらいになったら、という設定で聴いてみるのも面白いと思います。
この歌の主人公は無事に帰宅できたのでしょうか。
この曲も地味ですがとっても美しい曲で聴けば聴くほど味わいを感じます。
またライヴで聴いてみたいです。



上記の二曲を収録したアルバム『TIME OUT!』はハートランドとがっぷり組んで、しかもアナログレコーディングで録音されました。この年、元春はデヴュー10周年でした。
それにしてはやや地味な内容かなと思いました。
内省的なサウンドは『ヴィジターズ』『カフェ・ボヘミア』そして『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』の三作が、グローバルで社会的な事象を追っていた事への反動でしょうか。
あの当時、社会主義の崩壊やバブル経済の終焉、そして昭和から平成へと、大きな時代のうねりを感じていました。
その変わり目を観察眼の鋭い佐野元春は見抜いて、『タイムアウト!(小休止)』と慌ただしい世情の流れから距離を置いたアルバムを作ったのかもしれません。

打ち込みのダンスミュージックやハウスが流行っていたデジタル時代に敢えて逆行するような、そしてアルバム全体もシンプルなバンド編成で曲調も穏やかで地味な感じでした。
また当時はバンドブームでありましたが、それらの若さに任せたビートの強いタテノリのサウンドでもありませんでした。
ジャケットもモノクロームで撮影された元春のアップの写真でしたし。

このアルバムで敢えて自分のスタンスを整えたからこそ、次作の『SWEET 16』、そして『THE CIRCLE』というハートランドとの充実した傑作を生み出すことが出来たのだと今は思います。
この三作を以って、長年ライヴやレコーディングを共にしたバンドと袂を分かちます。

最後に、
『TIME OUT!』はアナログ・レコーディングで製作されたのだから、レコードで聴いてみたいとずっと思っているのです。
アナログ盤が再評価されているので今こそレコードで再発して欲しいなぁと切望しています。


『ジャスミン・ガール』《MFCDS4 》 〈作詞・作曲・編曲:佐野元春〉 (03’43’’)【1990】


Time Out!

Time Out!

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2016/03/23
  • メディア: CD



EPIC YEARS THE SINGLES 1980-2004

EPIC YEARS THE SINGLES 1980-2004

  • アーティスト: 佐野元春
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2006/06/28
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(2) 

『Sugartime/佐野元春』 [佐野元春]

スキャン0177.jpg

こんにちは。
先週末、大阪の堂島リバーフォーラムにて、佐野元春の『SOMEDAY』再現ライヴを観てきました。
エムオン・エンターテイメントが主催する『名盤ライヴ』という名の元、ミュージックシーンに偉大な足跡を残したアルバムをライヴで全曲演奏するという企画の記念すべき第一弾が今回の『SOMEDAY』でした。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 

『彼女はデリケート/佐野元春』 [佐野元春]

スキャン0224.jpg

こんにちは、ブログです。
少し空いちゃいましたね。

最近、元春の過去に製作された映画を観ました。
『フィルム・ノーダメージ』(1983)。
同年にリリースされたベストアルバムと同名の映像作品。
まさか観られるとは。
1983年に上映されてから一度もリヴァイヴァルされることのなかった一本。
僕が元春のファンになったのは1988年から、その存在を知ったのは故・下村 誠氏による、元春の評伝『路上のイノセンス』でした。
長らくフィルムの所在が不明でしたが奇跡的に発見されたとのこと。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2) 

『トーキョー シック/佐野元春 & 雪村いづみ』 [佐野元春]

TC600.170x170-75.jpg

こんばんは。
久しぶりにダウンロード限定のシングルを取りあげましょう。

モボとモガ、フロム トーキョー。
元春と雪村いづみさんによるデュエット。
この少し風変わりなカップルによるスウィング歌謡、「トーキョー シック」。

続きを読む


『ダウンタウン ボーイ/佐野元春』 [佐野元春]

sc000f971f.jpg

こんばんは。
「UPTOWN GIRL」とくれば、この曲。
元春の「DOWN TOWN BOY」でしょ。
もう大好きな曲過ぎます。
ユーミンにも同名の素敵な曲がありますね。

続きを読む


『SOMEDAY/佐野元春 with THE HEARTLAND』 [佐野元春]

sc0009a0cb.jpg

こんばんは。
南波志帆さんのインストアの二日後、上京しました。
有楽町の東京国際フォーラムにて、佐野元春さんの30周年アニヴァーサリィツアーのファイナルを観に。

続きを読む


『警告どおり 計画どおり/佐野元春』 [佐野元春]

sc002e865e.jpg

こんにちは。
〝INESによる福島第一原発での原子力事象評価尺度の評価結果が、­当初のレベル4から「7」へ。〟

シングルのブログを更新していて、今、この一枚を取りあげない訳には行きますまい。
佐野元春さんの1988年にリリースしたシングルオンリーの作品。
「警告どおり 計画どおり」。

続きを読む


『SEASON IN THE SUN ー夏草の誘いー/佐野元春 with THE HEART LAND』 [佐野元春]

seasoninthesun.jpg

こんにちは。
また更新が空いてしまいました。
お元気ですか?
シングルはアレコレ買ってるのですが、忙しかったり、思うところがあったりでブログの記事が上手く書けません、倦怠期でしょうか、スランプでしょうか。
山は死にますか?
海は死にますか?
よくも1日おきに記事を更新していたモノだと過去の自分に感心してしまいます。

と、ボヤいたところで、
今回は元春の1986年のシングル、『SEASON IN THE SUNー夏草の誘いー』です。

続きを読む


『CHRISTMAS TIME IN BLUE ー聖なる夜に口笛吹いてー/佐野元春』 [佐野元春]

sc0029437c.jpg

こんばんは。
随分更新が途絶えてしまいました。
スミマセン。
それにしてももう12月も半分が過ぎてしまいました…。
まだ12月に入ったばかりだと思ってたのに。
先生早く走り過ぎ!!
と、いうわけでクリスマスソングに行ってみましょう!!

続きを読む


前の10件 | - 佐野元春 ブログトップ
メッセージを送る