So-net無料ブログ作成
ナイアガラ ブログトップ
前の10件 | -

『がんばれば愛/クレージー・パーティー』 [ナイアガラ]

スキャン0382.jpg

こんばんは。
約ひと月ぶりの更新となりました。
二月~三月は仕事の繁忙期でありまして、帰宅するとご飯を食べたらバタンキューの毎日でした。
ようやく四月になって少し落ち着いてきました。

これからも少しづつマイペースで更新して行く筈ですので、よしなに。

まずはこのシングルです。

久々のアニメソング。
プロ野球シーズン開幕!という訳で。

アニメーション映画『がんばれ!! タブチくん』の第二段『激闘ペナントレース』のテーマソングです。
タイトルは『がんばれば愛』。

『がんばれ!!タブチくん』は勿論当時、西武ライオンズの一員だった田淵幸一選手をモデルとした、
いしいひさいち先生による四コマ漫画でした。
この漫画の単行本が当時、自宅にありました。
恐らく父親が買ってきたのだと思うのですが、これを読みだしてハマりました。
小学校低学年の頃の僕です。
野球について、ましてやパ・リーグについての知識は無に近いほど乏しかったにも関わらず、子供ながらに楽しかったのです。
実在の選手をコミカルに描いているという、以前にその絵柄の面白さに魅了されたのだと思います。
少し大人になってから読み返してもやはり面白いのです。
ここからいしいひさいちワールドにのめり込み始めていきます。
同時期に始まった『おじゃまんが山田くん』に夢中になるのも時間の問題でした。

勿論、このアニメのテーマソングを拙ブログで取り上げない筈がありません。
いしいひさいち先生への想いも語っています。
ホント偉大なる四コマ漫画家なり。

それはそれとして、
このアニメのテーマソングは不思議とずっと記憶に残っていて良く覚えていました。

そしてこの曲を作曲したのが何と大滝詠一さんだと判ったのは20代の初めでした。
吃驚しました。
1995年にリリースされた『大滝詠一作品集 VOL.2』にこの曲が収録されていたのです。
この曲が作られる経緯は大滝さんご本人の解説に詳しいです。

ここで“いしいひさいち”と“大滝詠一”という個人的に大好き過ぎる方がリンクして嬉しかったです。



作詞は大滝さんとCМソングで数多く共作した伊藤アキラさん。
プロ野球の世界と全く関係ないナンセンスな言葉遊びが展開されていますが、
いしいひさいちワールドと何だか繋がっている気がしてイイ塩梅です。
伊藤さんの歌詞を元に編み出した大滝さんのメロディはお得意のお囃子ポップス風に。
朗らかでキャッチ―な旋律が楽しいです。
『ゴー!ゴー!ナイアガラ』(アルバムの)辺りの曲調を髣髴させます。
アレンジは大滝さんによるものでは無く、乾 裕樹氏が担当していますが、コーラスは大滝さんの多重コーラスで展開されています。だから多分にナイアガラっぽくてユーモラスです。
この曲のコーラスも聴きどころです。
リードヴォーカルを務めているのがスターダスト・レヴューの根本 要さんで、これまた驚きです。
なんとまぁ、豪華な組み合わせ。
この作品での曲想が翌年(1981年)に発表される『君は天然色』で活かされているのは後々判ってきたことです。間奏のところとか、リズムとか似ていますね。
『がんばれば愛』を含め、70年代からの様々な試行錯誤の成果が『ロング・バケイション』に込められているのです。

B面は『涙の誘惑ストリート』。
マイナー調の歌謡ポップスって感じの作品。
作詞:岡田冨美子、作曲:鈴木キサブロー、編曲:乾 裕樹
根本さんのヴォーカルはこ歌謡メロと実に相性が良いです。


ハイ、今回このシングルを取り上げたのはプロ野球開幕だから、というのは世を偲ぶ仮の姿、
本当は、大滝詠一名義の新作アルバム『DEBUT AGAIN』がリリースされたからに他なりません。
このアルバムに対する複雑な感情は、レコードコレクターズのアルバム特集号での安田謙一さんによるレヴューが代弁して下さっています。有難いです。
このリリースを大滝さんはどのようにお考えなのだろうと、言う気持ちは勿論死人に口なしなので判りません。
萩原健太さんによれば、このような未発表音源については《死後公開だな》というコメントをされていたと、雑誌のインタビューで知りました。
イロイロ考えますが、結局音楽というモノは作者の考えていた意図とは無関係にリスナーへ聴かれていくのだと改めて思いました。
どんなに完璧主義な音楽家でもリスナーの耳までコントロールすることは難しいのだと思います。

そんなモヤモヤした思いをよそに、『DEBUT AGAIN』は清々しいほどに歌手・大滝詠一の魅力を堂々と響かせています。
もうどうでも良くなってしまうほど。
初回盤のDISC-2での通称《リハビリ・セッション》でののびのびと快調な唄いっぷり。
いち音楽ファンとして、ロックンロール・ラヴァ―として歌と演奏を楽しまれているのが見事に記録されています。

今後、このような未発表音源の公開がさらに実現されるのか判りませんが、日本の歌謡史上もっとも数奇な音楽家の存在への興味はまだまだ尽きないのです。


それにしても、プロ野球のこと、全然書いてませんね。
申し訳ない。
また今年も友人と観戦したいなぁ、と思ってます。


『がんばれば愛』《DKQ1082》〈作詞:伊藤アキラ/作曲:大滝詠一/編曲:乾 裕樹〉(04’04’’)【1980】



DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2016/03/21
  • メディア: CD



Best Always(初回生産限定盤)

Best Always(初回生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2014/12/03
  • メディア: CD



A LONG VACATION 30th Edition

A LONG VACATION 30th Edition

  • アーティスト: 大滝詠一
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2011/03/21
  • メディア: CD



大瀧詠一 SONGBOOK2

大瀧詠一 SONGBOOK2

  • アーティスト: レノン=マッカートニー,松本隆,萩原哲昌
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1995/03/24
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(2) 

『12月の雨の日/はっぴいえんど』 [ナイアガラ]

スキャン0341.jpg

こんばんは。

大瀧詠一さんの命日に、はっぴいえんどを。

あれから一年。
その不在の大きさを痛感する日々でした。
代替不能の才能。

続きを読む


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

『♡(ハート)じかけのオレンジ/大滝詠一』 [ナイアガラ]

スキャン0278.jpg

こんばんは。
大滝さんの特集です。

ところで、大滝詠一さんってどんな方なのでしょう。
このブログを読んでいる方でも大滝さんについて知らない方もおられるかもしれませんので、
とある本から引用して、簡単に略歴をご紹介しましょう。


日本ポップス界の〈白野戸鈴聚楽〉

'79年『一日一嘘運動』推進委員となり、その一嘘一顔足に注目を浴びながら、
昼寝の最中、'78年『趣味の演芸』に発表した『バカンス研究』が、
笑学館新人賞を受け、ドラエモン・バッジをもらう。
’80年には続編『バカンスンナ研究』を発表するが、まわりにバカにされる。
しかし翌'81年『ナガナガバカンス研究』は、集栄社新人賞を受け、
プレイボール大型ヌード・ポスターをもらう。
'82年『半日十嘘運動』邁進運動委員に昇格、現在に至る。《1982年当時》

如何ですか?
お判り頂けたでしょうか。

さて、今回ご紹介するのは『♡じかけのオレンジ』です。
ご存じ、1982年に発表された“ナイアガラ・トライアングル Vol.2”からのシングルカット。
《ナイアガラ・トライアングル》という企画は大滝さんが新しい世代のミュージシャンを紹介するというコンセプト。
Vol.1の達郎さん&銀次さん、そしてVol.2の元春&杉さんといい、全員が今も現役で音楽活動を続けているという事実に大滝さんの先見性、慧眼ぶりを感じない訳には行きません。
どちらのアルバムも豪華でバラエティに富んだ内容。
ホストである大滝さんはVol.1では『ナイアガラ音頭』という、その後のレーベルの運命を裏付けるようなカルトな一曲を発表しましたが、Vol.2は一転してうっとりするほどメロディアスな楽曲を連打します。
アルバムのラストを飾る一曲が『♡じかけ~』であります。

エヴァリー・ブラザーズの『夢を見るだけ』にインスパイアされたような、
ミディアムでソフトでドリーミィなメロディ展開。
少し非現実的なシチュエーションで描かれるラヴソング。
強いお酒のせいで現実と夢との境界が曖昧になり、夢にまで見た憧れの女性との妄想が膨れ上がっていきます。
遊び心のあるサウンド・エフェクトを随所に挟み込みながら、魅惑の音像が繰り広げられます。
アレンジャーはCHELSEA。
『それはぼくぢゃないよ』以来の登場。
因みに曲の終わりにはアルバムで聴けたサウンドエフェクトはカットされています。

この『Vol.2』での“OHTAKI'S SIDE”は四曲ですが粒ぞろい。
どの曲も甲乙付けがたいほど大好きです。
でも一番好きなのは『白い港』です。

B面は『ROCK'N'ROLL 退屈男』。
大滝詠一 with JACK TONES”名義での作品で、アルバム未収録。
JACK TONESは『GO! GO! NIAGARA』以来の登場ですね。
基本的に第二期ナイアガラはメロディータイプ路線と云われていますが、ノヴェルティ路線も皆無だった訳じゃありません。
第一期ナイアガラを髣髴させるユーモラスな怪作。
『うなずきマーチ』も同時期の作品ですね。
評論家も逃げ出すほどの熱狂的な映画マニアである大滝さん。
市川右太衛門、片岡知恵蔵、小林 旭、石原裕次郎諸氏へのDEDICATIONがクレジットされています。
“旗本退屈男”といっても今のお若い方には通じないでしょうね。
ダジャレとゴロ合わせのナンセンス極まりない歌詞もサイコーです。
こういうセンスで歌詞を書く人は今の世にいないでしょうね。
『恋の汽車ポッポ 第二部』の“お囃子ポップス”をさらにマッドに発展。
こちらも凝りに凝ったサウンド・プロダクションで聞き飽きません。
ロックンロールを知り尽くした男ならではの頓智が炸裂。
メロディアスな曲を書ける人は案外多いですが、こういう面白い曲が書ける人はそうそう多くはありません。
どちらも書ける人はさらに少ないでしょう。
アレンジャーは宿霧十軒。

先日の日曜日、大阪の十三にあるシアターセブンで“バンヒロシ大学”というイベントがありまして、参加してきました。京都のお座敷ロッカー、バンヒロシさんが主催し、ロック漫筆家の安田謙一さんも講師として参加する定期イベント。
今回は『ナイアガラの瀧に打たれて』という事で、大滝さんについてのトークショーでした。
この内容は大滝さんがお亡くなりになる前から企画されていたそうです。
三月に『EACH TIME』の30周年盤が出るのでそれをネタにイベントをするはずが追悼特集に結果としてなってしまったそうです。
特別ゲストとして70年代から大滝さんと親交の深かった音楽評論家の湯浅 学さん登場。
湯浅さんの当時の回顧を中心として大滝さんの活動を振り返る内容でした。
貴重なお話が多く、大変面白かったです。
そのときに安田さんが仰っていたことですが、
大滝さんのこうしたノヴェルティソングは“コミックソング”ではない、と。
音楽的にしっかりと構築されたユーモアソングだと。
だから『ナイアガラ・ムーン』も『レッツ・オンド・アゲン』も歌詞の内容は1970年代当時の流行や社会風俗を歌ってるけど全然古びていませんよね。
未だに先鋭的です。

イベントの最後で、ナイアガラ・レーベルの特徴でもある超お宝プロモ盤の『ペパーミント・ブルー』の7吋をポータブル・プレイヤーで再生し、会場の全員で拝聴しました。
再生機としてはイマイチなのにも関わらず、音圧の高いナイアガラ盤のモノラルによる高音質で名曲が会場に轟きました。
壮麗な迫力。
今もあの時の音が心の中に余韻として残っています。
聴き終ったあと大きな拍手が起こりました。
本当にお宝なのでした。

それでは次回もお楽しみに。

『♡じかけのオレンジ』《07SH 1133》〈作詞::松本 隆/作曲:大瀧詠一/編曲:CHELSEA〉(02’51’’)【1982】


ナイアガラトライアングル vol.2 30th Edition

ナイアガラトライアングル vol.2 30th Edition

  • アーティスト: ナイアガラトライアングル
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2012/03/21
  • メディア: CD



大瀧詠一 Song Book I-大瀧詠一作品集Vol.1(1980-1998)-

大瀧詠一 Song Book I-大瀧詠一作品集Vol.1(1980-1998)-

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2010/03/21
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

『恋の汽車ポッポ/大瀧詠一』 [ナイアガラ]

スキャン0255.jpg

こんばんは。
大滝詠一さんに哀悼の意を表明して、拙ブログで特集をしたいと思います。
兼ねてから企画していまして、3月くらいに行おうと思っていたのですが、そのときは仕事が毎日忙しくて、ブログどころじゃありませんでした。

そんな多忙な3月でしたが、21日は上京してソニーの乃木坂スタジオで行われたお別れ会で献花へ参加しました。そのときに頂いたポストカードです。

スキャン0277.jpg 

大晦日に舞い込んできた悲しい知らせ、青天の霹靂ともいうべき一大事件。
もう何も手に着かず、混乱していました。
馴染みの音楽友達から電話が掛ってきて、その彼と大滝さんのことについて語り、不安を紛らわせようとしていました。
あの日から、ずぅっと、ほぼ毎日毎日、頭の中で大滝さんについて思いを巡らしていました。
これまで以上に。
ぼんやりとですが。
答えの出ない問いを考えているような。
これまでも有名人の訃報には多かれ少なかれショックを受けてきましたが、大滝さんの死は自分でも吃驚するほどの衝撃でした。
その存在感の巨きさ。

大滝さんのお蔭でこのブログを書いているようなものです。
このブログのURCじゃないや、URLは〈http://talkingscarlet45.blog.so-net.ne.jp/〉ですが、
45という数字は勿論、シングル盤の回転数であり、大滝さんの70年代の自宅スタジオ名〈FUSSA45 studio〉から肖ってます。

あれから約四か月、少し気持ちも落ち着いてきました。

という訳で大滝さん特集の第1回目は『恋の汽車ポッポ』。
記念すべきファーストシングル。

この曲は大滝さんのファーストアルバム『大瀧詠一』にも収録されています。
大滝さんの音楽に触れたのは16歳の時。
それが『大瀧詠一』が先だったか『ロング・バケーション』が先だったか、覚えていません。
ちなみにロンバケは『さらばシベリア鉄道』が入ってない奴です。
しかしどちらも数えきれないほど聴きました。
もう判んなくなっちゃうほど聴いてます。
これからもきっと、ずっと。

大滝さんの《ファースト》は、元々シングル6枚から成る『オムニバス』というアルバムが構想されていたようですね。
アメリカン・ポップス黄金期のシングル盤主体として、アルバム制作に立ち返ろうとする大滝さんらしいアイディア。
はっぴいえんどの世界観と逆行しています。
だからこそのソロ。

なのでサウンドもモノラル録音。
ジャケットにも明記されています。
70年代初頭にモノラルなんて、時代錯誤だったかもしれませんが、こだわりが貫かれています。

サウンドはCCRを意識したアーシーなロックンロールですが、リトル・エヴァの『ロコモーション』、そしてニール・セダカの『恋の片道切符』と地続きのポップス。
そして最後は『1969年のドラッグレース』へ。
作詞は勿論松本 隆さん(江戸門弾鉄名義)。
70年代初頭、アメリカのシンガーソングライターブームで脚光を浴びていたジェームズ・テイラー、そしてキャロル・キング。
かつて60年代初頭にガールシンガー兼作曲家として活動していた頃からキャロル・キングの音楽に親しんでいた大滝さんとしては原点を省みる契機だったのでしょう。
イントロが実に『ロコモーション』であります。
バッキングははっぴいえんど。
ですが、ドラムを叩いてるのは細野さん(宇野主水名義)。
そしてベースが大滝さん(南部半九郎名義)。
大滝さんの歌声はバンド時よりも素直に伸び伸びと唄ってる気がします。
鈴木 茂さん(ほしいも小僧名義)のエレキギターも切れ味抜群。
後にアルバムに収録されるのは再レコーディング版ですがそちらはコーラスにシンガーズ・スリーを迎えてのお囃子ポップス仕立て。

B面は『それはぼくぢゃないよ』。

ある晴れた早朝、恋人との微睡みのひとときをスケッチしたような抒情派ミディアムバラード。
松本氏の描く、朝の静寂の中の情景の素晴らしさ。
聴いていて頭にイメージが広がります。
このコンビは本当に最高。
メロディと歌詞の密接な繋がりを感じます。
この曲は大滝さんが殆どの楽器を一人で演奏していますが、ペダル・スティールは駒沢裕城氏が演奏しています。アレンジャーは“ちぇるしぃ”。大滝さんの変名です。
大滝さんの弾く12弦ギター、そして駒沢氏のペダルスティールが美しい朝ぼらけを演出しています。
駒沢氏は後に多羅尾伴内楽団で大活躍しますね。
この曲もシングルバージョンとアルバムバージョンの二種類存在します。
シングルバージョンは曲が生まれて間もなくて、全体的に覚束ない感じが魅力です。
起き抜けでまだ眠気が残っていて、シャキッとしていない感じかもしれません。
アルバムバージョンは再レコーディングされており、より歌も演奏もこなれて完成度が高く、大滝さんも自画自賛する出来です。
抑揚の見事さ、瑞々しい歌声、歌手・大滝詠一の非凡さが滲み出ています。

ただ一つ、大滝さんの訃報を聞いた後では、歌詞の中に《林檎》というフレーズが紛れていて少しドキッとします。

両面ともエンジニアは吉野金次さんが担当しています。
70年代の日本のロック/歌謡界での最重要エンジニア。
去年、元春の1982年の名盤『サムデイ』の全曲演奏ライヴがあり、その関連DVDの映像で現在の吉野金次さんをお見かけすることが出来ました。一時期病気で大変な状況だったそうですが、元春と元気に対話されていました。

音のプロフェッショナル、吉野さんの温かみのあるアナログ・サウンドが『大瀧詠一』には満ちています。
同じく吉野さんが関わられた細野さんの『HOSONO HOUSE』(1973)にも通じていますね。
どちらもエヴァ―グリーン。

奇しくも、この記事を更新出来たの4月19日はレコード・ストア・デイ。
レコードとレコード屋さんの為の記念日です。
良いレコードとの出会いがありますように。

それでは次回の大滝詠一特集をお楽しみに。

『恋の汽車ポッポ』《BS-1465》〈作詞:江戸門弾鉄/作曲・編曲:多羅尾伴内〉(02’13’’)【1971】



大瀧詠一

大瀧詠一

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1997/11/04
  • メディア: CD



大瀧詠一

大瀧詠一

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • 発売日: 2012/10/03
  • メディア: CD



大瀧詠一 Cover Book I-大瀧詠一カバー集Vol.1(1978-2008)-

大瀧詠一 Cover Book I-大瀧詠一カバー集Vol.1(1978-2008)-

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: SMR
  • 発売日: 2010/03/21
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

『うなずきマーチ/うなずきトリオ』 [ナイアガラ]

sc0012f39a.jpg

こんばんは。
連夜の大滝さんの特番に敬意を表して。
うなずきトリオを取りあげましょう!
ナイアガラ トライアングルの好敵手。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『A面で恋をして/ナイアガラ トライアングル』 [ナイアガラ]

sc0000405b.jpg

こんばんは。
今年の3・21はナイアガラ トライアングルVol.2の30周年記念盤の再発でした。
30周年記念盤には1982年の3/21にリリースされたオリジナル版の最新リマスターバージョンと、純正カラオケ音源集の二枚組。

続きを読む


nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『台風13号/布谷文夫』 [ナイアガラ]

sc000123ff.jpg

こんばんは。
九月ですね。
秋の気配は台風と共に。
昨日から今日にかけまして大型の台風が日本を四国〜中国地方を縦断しております。
被害に遭われました皆様にはお見舞い申し上げます。
接近した台風は12号。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『君は天然色/大滝詠一』 [ナイアガラ]

sc00044d99.jpg

こんにちは。
去る3/21は毎年恒例となるナイアガラ記念日でした。
「『大滝詠一の曲がいいね』と君が言ったから、三月二十一日はナイアガラ記念日」(思いっきり字余り!)じゃなく、
忘れもしない30年前!(コント55号のネタじゃないですよ!あ、13年前か。)1981年の同日、CBS SONYから大滝詠一さんのアルバム「A LONG VACATION」が発売されました。
そのリリース記念日。

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『オムニバス1 大瀧詠一ファーストアルバムカヴァー集(2010)』 [ナイアガラ]

オムニバス.JPG

こんばんは。
遂に、この面白そうで面白くない少し面白いブログも間もなく更新500回へのカウントダウンが始まりました。
だからどうしたと言うコトではないですが、水面下で密かに盛り上がって行きましょう。
今回はヴァラエティ豊かな一枚を。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『夢で逢えたら/森丘祥子』 [ナイアガラ]

sc002a67f1.jpg

こんばんは。
高橋ひろさんの夢見心地なポップスに続くのはやっぱりこんな曲が良いでしょう。
『夢で逢えたら』。
2年前の3/20の記事でもこの曲を取りあげています。
そのときは吉田美奈子さんの歌でしたが、今年は森丘祥子さんによる歌を。
ウララカでムーディな春の夜に響きます。

続きを読む


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - ナイアガラ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。