So-net無料ブログ作成
米国ロック/00年代 ブログトップ

『The Saviors /BART DAVENPORT』 [米国ロック/00年代]

スキャン0392.jpg

こんばんは、

ほーんと、世の中、ヤな事ばっかりですね。
そんなときはツイッターから避難して、ブログに籠って自分の世界へ。

ひさしぶりに洋楽のシングルを。

今宵御登場いただくのはロス・アンジェルスのシンガーソングライター、バート・ダベンポート
調べると、90年代から活動しているのですが、このミュージシャンを知ったのはそれほど前の事ではなく、
二、三年前、とあるネットの大きな輸入盤屋さんで試聴して気に入ったからです。
ジャケットはスーパーマンの様ないでたちの風采の上がらなそうな男が高層ビルに腰かけてギターの弦を張っているというイラスト。F先生の中年 スーパーマン左江内氏みたい。
このイラストもユーモラスで気に入りました。
PHYSICAL WORLD』というタイトルのアルバムは彼にとって6作目。
レコードで手に入れてたちまち何度も何度も繰り返して聴くほど気に入ってしまいました。
ポップなツボを押さえたソングライティングで、パワーポップ、ロック、ネオアコ、AOR、SSWなどの魅力に溢れた一枚。歌声もどこかポール・マッカートニーに通じる若々しい年齢不詳な、親しげな感じ。
サウンドもそれほど奇を衒ったものでは無く、リラックスした感じですが決めるとこは決めてます。
僕にしては久しぶりの大当たり。ドンピシャ。
当然、彼のディスコグラフィが気になってそれまでの作品をチェックしていく途中で、昨年に手に入れた一枚のシングル盤。
場所はアメリカ村のタイムボムでした。

さぁ、A面の『THE SAVIORS』は2003年発表のセカンド・アルバム『GAME PRESERVE』に収録されていた曲を何故か2014年になってシングルとしてリリース。
愁いを帯びたアコギのストロークからの疾走感のあるネオアコースティックなポップソング。
翳りのあるビターでシンプルな演奏。
小気味良いドラミング。
フリューゲルホルンの優しく悲しげな調べがどことなくぺイル・ファウンテンズっぽくないですか。
間奏のアコギのソロの幻想的なコードチェンジ。
叙情と清涼感のある2分半。



“SAVIOR”とは救世主という意味。

街角でギターを弾き語りで唄うバートさん。
ギター一本だと、ノースマリン・ドライヴっぽくないですか。




B面は『Beg, Steal, Borrow』、2001年に発表された彼のソロデヴューアルバム『BART DAVENPORT』からの楽曲。乞え、盗め、借りろ。
バートさんのソングライティングでのメロディアスな冴えが十分伝わってくる甘美なミディアム調の一曲。
優しげな彼の歌声ともマッチします。
曲の終わり頃にストロベリーフィールズ・フォーエヴァーになりそうなメロディ展開のところもキュンとします。

バートさんの弾き語りでどうぞ。



彼のホームページを覗いたら、去る5月18日にカリフォルニアにて、ジョナサン/リッチマンのライヴをサポートしたとのコト。良いですねぇ。観たかったなぁ、と無理を言う。

先に述べたアルバム『PHYSICAL WORLD』は後に国内盤でCDでリリースされました。
片寄明人さんも絶賛されてました。
気になられた方は是非、乞え、盗め、借りろ。
盗んじゃダメ。いけないいけない。

沢山売れたら、いや売れなくても、いやいや、出来れば売れて欲しいけど、そのうちに来日でもして欲しいと思います。

次の作品も楽しみにしています。
と、日本の片隅から応援しています。
バートさん。

『The Saviors』《Ref YATC 08》〈Witten by Bart Davenport〉(02’34’’)【2014】


Physical World

Physical World

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Love Monk Spain
  • 発売日: 2014/03/04
  • メディア: CD



Palaces (Dig)

Palaces (Dig)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Antenna Farm
  • 発売日: 2008/09/09
  • メディア: CD



Searching for Bart Davenport

Searching for Bart Davenport

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Tapete Records
  • 発売日: 2011/02/15
  • メディア: CD



Maroon Cocoon

Maroon Cocoon

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Antenna Farm
  • 発売日: 2005/02/22
  • メディア: CD



Game Preserve

Game Preserve

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Antenna Farm
  • 発売日: 2003/10/21
  • メディア: CD



Bart Davenport

Bart Davenport

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Antenna Farm
  • 発売日: 2008/10/14
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『NEW YORK, NEW YORK / RYAN ADAMS』 [米国ロック/00年代]

sc00031f13.jpg

こんにちは。
9月11日はアメリカ同時多発テロの起きた日です。
あれから10年。
思い返すも痛ましい出来事。
新世紀に足を踏み入れた人類の世界秩序を大きく変えてしまった事件。
薄型テレビの液晶画面から映し出されたあの日のニュースの光景が脳裏に焼き付いています。
未だに世界はこの呪わしい事件の連鎖上に生きています。

本日紹介するシングルはあの事件が起きた時期に流れていた音楽。
その名も「NEY YORK, NEW YORK」。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『THIEVES / SHE & HIM』 [米国ロック/00年代]

zooyey.jpg

こんばんは。
輸入盤の7インチをもう一枚紹介しましょう。

二月頃にアメリカのAMAZON.COMへオーダーして、引っ越しの少し前にようやく届きました。
お取り寄せシングルはシー&ヒムのレアなドーナツ盤です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『IN THE SUN / SHE & HIM』 [米国ロック/00年代]

sc00216b68.jpg

こんにちは。
英国系のシングルが多かったので米国からも一枚紹介します。
出ましたSHE & HIM !!
いやぁ、大好きです。
ズーイー デシャネル嬢とマット ウォード氏のポップなユニット。
今年リリースされた2ndアルバム「Volume Two」が各方面で大評判。
ツイッターでの田島貴男さんの連日の賛辞を込めたつぶやきも記憶に新しいトコロ。
彼らのことはデヴューアルバムの頃からチェックしてましたが、こうして人気が出るのは嬉しいですね。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『 SAY NOT TO LOVE /THE PAINS OF BEING PURE AT HEART』 [米国ロック/00年代]

ピュアアッと♡.jpg

こんにちは。
爽快なシングルをお届けしましょう。
“Pains of being pure at heart”という新しいバンドの新しいシングル。
「純真無垢でいることの痛み」という意味でしょうか、素敵な名前ですね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『SUMMERFLING / K.D.LANG』 [米国ロック/00年代]

KD.jpg

こんばんは。
夏に相応しい爽やかな曲を取り上げましょう。
カナダの歌姫、K.D.ラング。
2000年にリリースされた「INVINCIBLE SUMMER」からのシングルカット。
オールディーズ風の懐かしくも涼しげなポップチューン。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『 LOST WITHOUT U / ROBIN THICKE 』 [米国ロック/00年代]


こんにちは。
久しぶりの洋楽しかも最近のシングルを…、といっても昨年のですが。またか。
白人の米国アーティスト。
ロビン・シックのシングル『LOST WITHOUT U』。
スムースでメロウなブルーアイドソウル。
コンテンポラリーなR&B。
切な〜いミディアムテンポの失恋ソングです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『I don't know what is it / Rufus Wainwright 』 [米国ロック/00年代]


こんにちは。
洋楽のシングルではイギリス系が多かったのでアメリカ産の最近のポップ・ミュージックを取り上げましょう。
現代の米国のポップミュージックの最も美しき異端、新世紀ロマン派シンガーソングライター、ルーファス・ウェインライト。
このマエストロのシングルを紹介出来ることはこの上ない悦びです。
2003年の名作『WANT ONE』からのシングルカット『I don't know what is it 』(Dream Works records 9863229)です。

続きを読む


『AGAIN & AGAIN / THE BIRD AND THE BEE』 [米国ロック/00年代]


洋楽も取り上げていきましょう!

まずは手近にあるモノから。
割と最近のシングルを。
The Bird And The Bee の「again & again」《blue note-73681》です。
この“The Bird And The Bee”とは、グレッグとイナラの男女二人組の米国はLAのエレクトロ・ポップ・ユニットです。SWING OUT SISTERとかお好きな方どうぞ。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
米国ロック/00年代 ブログトップ
メッセージを送る