So-net無料ブログ作成
歌謡曲/90年代 ブログトップ

『レッツ・オンド・アゲイン/細川たかし』 [歌謡曲/90年代]

スキャン0284.jpg

こんばんは。
執拗に大滝さん特集です。

今回は細川たかしさんの『レッツ・オンド・アゲイン』です。
これは1992年の夏のNTTのキャンペーンソングだそうです。
当時僕は浪人生でテレビの無い生活を強いられていたので全くもって存じ上げませんでした。

ちびまる子ちゃんもCМに出ていたのでしょうね。
まるちゃんと大滝さんというと、『うれしい予感』と『針切りじいさんのロケン・ロール』が思い浮かびますが、
それ以前にも関わりがあったのです。
そして同年の冬に公開された、ちびまる子ちゃんの映画『わたしの好きな歌』には『1969年のドラッグレース』が使用されています。
細野さんの『はらいそ』も使用されてます。
この映画の音楽を担当しているのが『イエローサブマリン音頭』の記事で述べた川原伸司氏でした。
杉 真理さんの曲も使われていますが、杉さんと川原さんは旧知の仲なのですね。

それはそれとして、90年代初頭に突然『レッツ・オンド・アゲイン』が浮上する背景には、さくらももこさんの熱烈なリクエストがあったとのコト。
原作者きってのご指名とあらば、一宿一飯の恩義に報いるのが渡り鳥。
このCМの為にオーダーメイド再レコーディング。

オリジナルバージョンは“新民謡歌手・アミーゴ布谷”氏でありましたが、90年度版の『レッツ~』を歌うのは何と、細川たかしさん。
細川さんは同郷の故・三橋美智也さんに師事する本格的民謡歌手でもあります。
大滝さんは三橋さんの大ファンでもありましたね。


そんな細川さんの歌声は日本国民の良く知るところでありますが、布谷さんとは実に好対照。。
540°も反対と云えます。
布谷さんの地を這うようにディープで泥臭いバージョンに比べると、細川たかしさんのバージョンは迫力に欠けますが、どこまでも響き渡るような、澄み渡る高音の歌声も実に個性的。
惚れ惚れするほどいいノドですねぇ。

さて、本作は第一期ナイアガラの終焉となる最終兵器、『Let's Ondo Again』の最後の最後を飾るカルト歌謡。
強烈な最後っ屁。
とにかくこの曲は、凄い!凄すぎる。
突っ込みどころ満載!!


軍艦マーチ、三味線、祭囃子、ハワイアン、などなどが多層にトッピングされたくどいイントロからぶっ飛んでいます。
チャビー・チェッカーの『Lets twist again』の音頭化という事ですが、原曲がロックンロールだったとは判らないほどの陽気な音頭っぷり。アイディアは当時の『ゴーゴーナイアガラ』のリスナーから。
しかも途中で『ナイアガラ音頭』がインサートされてさらに英語詞で歌われ、混沌としていきます。
細川たかしさんの底抜けに軽やかな名調子で、気分は日本晴れ。

大滝さんによる歌詞もダジャレ、ゴロ合わせで実にナンセンスの極致。
実にくっだらねー!
勿論これは褒め言葉。
抱腹絶倒、鬼気迫る面白さ。
ご自身が楽しみながら歌詞を捻りだしているのが目に浮かびます。
作詞家としての大滝さんも素晴らしいのです。

アレンジは井上 鑑氏。
ナイアガラお抱えアレンジャー。
プロデューサーの意図を熟知した、オリジナル盤を丁寧に踏襲したサウンド。

カップリングは同曲のカラオケバージョン。
カラオケと云ってもガイドメロディが入っていますが。

奇しくも、このリメイク版のCDシングルもオリジナルバージョンと同じコロムビアからのリリースでした。
この曲は当時シングルカットされていなかったので、シングル化されたことは大正解。

大滝さんの偉業を偲んで、
今年のお盆、日本各地の町内会で開かれる盆踊りには『レッツ・オンド・アゲイン』、如何でしょうか?

塀!! LET'S BON DANCE !!

暗い世相を吹き飛ばすこと請け合いです。
ホント。
こんなに楽しい音頭モノは何処を探してもナイアガラ。

『レッツ・オンド・アゲイン』《CODA-37》〈作詞・作曲: Kal Mann, Dave Appell、大瀧詠一/編曲:井上 鑑〉(05'01'')【1992】


全曲集/女のしぐれ

全曲集/女のしぐれ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • 発売日: 1996/11/21
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

『修善寺で別れた大宮の女/トビ木村と足手まとい ア~ンド ビートたけし』 [歌謡曲/90年代]

スキャン0157.jpg

ハイ、暦の上ではセプテンバー。
ときの経つのは速いものです。

どんどん名曲を開放していきます。
フェイクなムード歌謡繋がり。

お次はビートたけしさん。
殿関連の音楽も実は名曲の宝庫なんですね。
ヒット・アンド・ビート!

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『涙の停車場/北神田三郎』 [歌謡曲/90年代]

スキャン0116.jpg

こんにちは。
納涼短冊シングル祭り、続いています。
ようやく少し涼しくなってきましたね。
エグい所を突いていきましょう。

北神田三郎という謎の演歌歌手の唯一のシングルをご紹介しましょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『真夏の夜の23時/和田アキ子』 [歌謡曲/90年代]

スキャン0111.jpg

こんばんは、1998年の夏のシングル(8センチCD)を今回も取り上げています。

ハイ、今回はアッコに、おまかせ!!

和田アキ子さんのシングル『真夏の夜の23時』。
23時ちょうどに更新出来れば良かったのですが、人生思い通りには参りません。

小西康陽さんの書き下ろし&プロデュース。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『コラムで行こう!/IZUMIN』 [歌謡曲/90年代]

スキャン0156.jpg

こんばんは。
暑いですね。
夜でも。
暑さのせいで、のぼせあがった気持ちをさらにハイにさせる真夏の夜、
8月の8センチシングル。
幻の名盤解放歌集(短冊シングル編)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『冠REVOLUTION/冠 二郎』 [歌謡曲/90年代]


出たぁ!!

「二郎兄貴が燃えている。炎の如く燃えている。ムサシの心で燃えている。
まさにバイキングだ。二郎兄貴カッコイイ!」by関根 勤(CD帯より)

関根さんも熱い視線を送る『ネオ演歌』の旗手、冠二郎さんの演歌界初のマキシシングルにして問題作!!!!その名も『冠REVOLUTION』(COCA-50008)
二郎兄貴のネオ演歌の名曲たちに新しい息吹を吹き込むのはコモエスタ八重樫氏。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
歌謡曲/90年代 ブログトップ
メッセージを送る