So-net無料ブログ作成

『PAPER BIKINI YA - YA/BRIDGE』 [渋谷系]

sc000df7af.jpg


押忍。
昨日の関西も暑かったですね。
昼間は神戸へ行って元映で『愛のコリーダ』観てきました。
愛のむきだしって感じで藤 竜也、凄かったです。
それから大阪へ戻って夜は谷町9丁目でサンドウィッチマンのライヴを。
サタデーナイトライブって感じで大爆笑でした。
大好きです。

さてさて一方、
関東地方は何だか雨が多くて夏っぽくないようですね。
思い出すのは1993年。
大学一年の頃です。
川崎の高津区に住んでいたあの年の夏も涼しかったです。
冷夏で米不足にまで発展しました。

丁度その頃によく聴いていたのが今回ご紹介します、Bridgeのマキシシングル。
今年再結成ライブをしましたね。
ああぁ、行きたかったな。
当時から大好きで、そして今でも。
特にこのマキシシングル、というかミニアルバム?CDEP?
どうでもいいか。4曲入りシングル。
今でも大好きで、もう何度再生しただろう。
個人的に夏の定番。
ずっとずっと紹介しようとしていて、忘れていました。

見て下さい!
このジャケット中央でチェット・ベイカーを気取っているカジくんを!
カジくんのショートパンツ伝説はすでにブリッヂから始まっているのです!!!
それはそれとして、ジャケットから伺える空も何となく曇ってます。
歌詞が掲載されてるブックレットの写真の空は少しどんよりとしていて、あの1993年の気分を思い出させます。ジャケットのデザインはドラムの黒沢さんです。

ジャケットの空は曇りがちですが、
曲の方はバッチリ夏にピッタリな避暑地ポップスです。

まず一曲目の『watermelon bikini』。
カジくんのペンによる曲。
アルマンド・トロバヨーリ的な欧風ラテン風味のポップス。
海岸沿いの避暑地での恋模様。
冒頭での外国人の陽気な掛け声からなんだかリゾート地に思いを馳せます。
池水さんの弾くハモンドの響きもグッド。
このEPでは特に金管、木管、そしてパーカッションが大活躍。
ホーンアレンジは元リアルフィッシュの矢口博康氏、パーカッションには戸田よしえさんが参加。
吉田 仁さんのプロデュースも滞りなく。
アコースティック系の楽器による風通しの良いサウンドと大友真美さんのキュートなヴォーカル。
カジくんの胸のすくような甘いメロディ。
掴みはオッケー。
この曲ではスイカですが、数年後にはカジくんはマスカットを歌いますね。



二曲目は大橋さんによる『chime』。
叶わない恋への想いを込めた、ちょっとせつない感じの曲です。
シャッフルビートにも胸が高鳴ります。

三曲目は『heavy yawn』。
こちらは作曲は同じく大橋さんですが、作詞は大友さん。
四曲中これのみ英語詞です。
タイトルを訳すと《おおあくび》ですね。
心身ともにフレッシュに活動したい思いを抱きながらも、
眠りすぎたり、ぼんやりとのんびりと怠惰に過ごしてしまう。
休暇をついつい無駄に消費してしまうことってよくあるコト。
気怠るくも心地よい感じの甘いボサノヴァ。

締め括りの四曲目は『SPLASH』。
“Shimmy”こと、またの名を“日本のニックヘイワード”、清水さんの曲です。
ラストはソウル風な甘くほろ苦いバラード調。
ちょっとこんなテイストはこれまでのこのバンドには無かったです。
そして大友さんと清水さんがデュエットをしているというのも珍しい。
これがまた胸を切なく締め付つける様なやるせないメロディで素晴らしい。
清水さんの声は低目で大人なムードが出ています。大友さんも少しクールに歌っていてバランスが絶妙です。
少し悲しいムードでEPは終わります。
素晴らしい、改めて名盤。
昨今のアナログ盤の隆盛に乗じて『PAPER BIKINI YA - YA』をコンパクト盤の7インチで発売してくれないかしらん。出来ればレコードストア・デイの企画ではなく。

話が逸れました。
1993年の春に小山田圭吾さんの主催する“トラットリア”から同じく彼によるプロデュースでメジャーでのファーストアルバム『Spring hill fair』がリリースされました。
インディーズ時代の魅力たっぷりにネオアコースティックな魅力を湛えていました。
全編英語詞で。

そして夏、この四曲入りでは少し趣を変えてネオアコなサウンドに留まらず、サントラ風、ラテン風、
ソウル風とバラエティに富んだ音作りが特徴です。
バラエティに富まそうとすると逆にバンドの軸がぶれてしまう事がありますが、
この作品集ではバンドの魅力がファーストアルバム以上に多彩に良い形で出ていると思います。
Bridgeはソングライターが大友さん、カジくん、大橋さん、そして清水さんと四人いますがどの方もセンスが良くて、四曲ともそれぞれの良さが十二分に出ているのです。
そして一曲を除いて日本語詞での作詞にシフトしています。
その後結果的にラストアルバムとなってしまうセカンドアルバム『Preppy kicks』は『PAPER BIKINI YA - YA』での路線をさらに進化させて傑作に仕上げています。
是非まだ聴いたことのない方は探して聴いてほしいです。
それにしても素敵なバンドですよね。
イイ曲たちを唄う大友真美さんのチャーミングな歌声も永遠です。
ホント、大好きな歌手です。

どちらのアルバムも僕の夏の定番です。
僕にとっての“夏の日の1993”なり。

四月に開催された彼らの久しぶりのリユニオンではこのEPからの曲も披露されたそうで、生で聴けた方が羨ましいですね。
そのときのライヴを記念してメンバーらによって作られた限定のZINEですが、我が妹氏の多大なる協力により入手出来ました。多謝。


バンドの皆さんいつまでもお元気で!
またいつかライブをやって欲しいと切に願う限りです。

このブログを通じて、ブリッヂのバンドとしての再評価が高まることを願って止みません。

『watermelon bikini』《PSCR-5027(trattoria menu 18)》〈作詞・作曲:加地秀基/編曲:Bridge〉(03'17'')【1993】


Paper Bikini, Ya Ya

Paper Bikini, Ya Ya

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ポリスター
  • 発売日: 1993/07/25
  • メディア: CD



Preppy Kicks

Preppy Kicks

  • アーティスト: 大橋伸行,加地秀基,清水弘貴,ブリッジ
  • 出版社/メーカー: ポリスター
  • 発売日: 1994/07/01
  • メディア: CD



SPRING HILL FAIR

SPRING HILL FAIR

  • アーティスト: BRIDGE
  • 出版社/メーカー: ポリスター
  • 発売日: 1993/04/15
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『東京ディスコナイト/星野みちるとスクーターズ』 [渋谷系]

スキャン0353.jpg

こ・ん・ば・ん・は。

まるまる二ヵ月のご無沙汰です。
帰ってきた『03'54''』。

この間、仕事が忙しくて、疲れてブログを更新する気が失せていました。
でもシングル盤はバンバン買っていましたけれど。
まぁ、四月に入り、仕事の方も落ち着いてまいりましたので、
心機一転、ガンガン更新して行きましょう。

という訳で、まずはこちら。

星野みちるとスクーターズによる7吋。
『東京ディスコナイト』。
ちょっと話題にするのが遅くなっちゃいましたが。

二月の終わりに神戸で星野みちるさんのクラブイベントへ参加しました。
そのときにゲットした一枚。

元AKB48のメンバーであり、今をときめくシティポップ派のシンガー・ソングライティング・アイドルの星野さんと、
三年前に突如再結成を果たした伝説のパーティバンド“スクーターズ”のコラボレーション。
あまりに意外な組み合わせに驚きました。
世代も違うし、世界観も違うし。

この二組を繋ぐミッシング・リンク、それは《サリー久保田》さんでしょう。
ネオGSの雄、ファントムギフトのベーシストであり、
渋谷系時代にはLes 5-4-3-2-1で活躍して、現在は“サリー・ソウル・シチュー”とアート・ディレクターとして活躍中であり、歌謡曲とロックに精通するお方。
氏は現在、星野さんの作品のジャケットやアートワークを担当しています。
そして再結成したスクーターズのベーシストでもあります。

星野みちるさんは〈アキバ系〉ですし、アキバ系は渋谷系とも繋がりがあるって訳で、合点がいきます。

A面は『東京ディスコナイト』。
“東京モータウンサウンド”を標榜するスクーターズの代表曲であり、問答無用の和モノクラシック。
“恋はあせらず歌謡”の決定版。
星野みちるさんと“ロニー・バリー”こと星野節子さんの“W星野”が歌い繋ぎます。
フレッシュなみちるさんの唄いっぷりもキュートだし、ロニーの衰えを知らぬセクシーな歌唱にもやっぱり感激してしまいます。まるで親子のようにチャーミングな2人。
サリー久保田氏のベースプレイが楽曲をさらにグル―ヴィに加速させています。

オリジナルの『東京ディスコナイト』の記事はこちら

B面はAKB48の『恋するフォーチュン・クッキー』のカヴァー。
2014年を代表するヒット曲をダンサブルにガールグループ風なポップサウンドでスクーターズ色に染め上げています。
まるでスクーターズのオリジナルソングかと思ってしまうほど。
イントロでのМCを担当するターバン・チャダJr.氏の口上も面白いです。




A面、B面とも甲乙付けがたい仕上がり。
さすが、スクーターズ。

紹介するのが遅くなりましたが、勿論ジャケットのアートワークはギターの信藤三雄氏によるもの。
ネオアコのブリリアント・コーナーズのジャケットの引用でしょう。
星野さんの鼻に付いている虫のアイディアはアレかな?

このシングルは現在、星野さんの出るイベントやライヴ会場でしか手に入れるコトの出来ないモノ。
星野みちるさん曰く〈いじわるをしている〉とのコト。
そのときに初めてお目にかかった彼女は天然ボケがチャーミングで歌の好きな女性でした。


久しぶりのブログはまぁ、こんなトコロで。

これからも定期的にヨロシクです。
目指せ千回。

そして、近々また面白い切り口で特集を組んでシングルを取り上げてみようと思います。
アニソン特集も復活します。

では。

『東京ディスコナイト』《HCCD-9552》〈作詞:星野節子、高橋秀幸/作曲:信藤三雄、村松邦男〉(04’37’’)【2014】


A/W COLLECTION ~あなたと私のコレクション~

A/W COLLECTION ~あなたと私のコレクション~

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: VIVID SOUND
  • 発売日: 2014/11/12
  • メディア: CD



E・I・E・N VOYAGE

E・I・E・N VOYAGE

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: HIGH CONTRAST
  • 発売日: 2014/07/16
  • メディア: CD





女は何度も勝負する

女は何度も勝負する

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hotwaxtrax
  • 発売日: 2012/07/11
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

『ティーパーティパーティ!/たんきゅん』 [渋谷系]

スキャン0204.jpg

こんばんは。
ただ今、深夜の3時54分をお知らせする『3分54秒』です。

8月になっちゃいましたね。
という訳で、8センチの短冊の季節?
でもないけど、今月はそちらもアレコレ取り上げてみようと思います。
7インチも取り上げますけど。
旧暦の七夕は8月に。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『ボーイフレンド /井上睦都実』 [渋谷系]

スキャン0170.jpg

こんばんは。
“ヴィブラフォン”いうキーワードで思い出したシングルを。
井上睦都実さんのデビューシングル『ボーイフレンド 』(1992)。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『サボッタージュ/たんきゅん』 [渋谷系]

スキャン0086.jpg

こんばんは。
今日は3月3日でした。
耳の日でもあり、両さんの誕生日でした。
ヒックスヴィルの中森さんも。
おめでとうございます。
いい耳で音楽を聴きたいものですね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『亜熱帯ガール/カジヒデキとリディムサウンター』 [渋谷系]

カジ君.jpg

こんにちは。
素敵なサマーシングルをご紹介しましょう。
カジヒデキとリディムサウンターで「亜熱帯ガール」。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『HIDEKI KAJ I & HALFBY CHRISTMAS SPRIT SINGLE』 [渋谷系]

クリスマス.jpg

こんばんは。
恒例のクリスマスシングル特集と行きましょう。
今年は先ずコレ。
セカンドロイヤル レコーズから最近リリースされた、
カジヒデキさんとHAFLBYによるハッピーなクリスマス向けスプリット7インチ。
パーティ野郎対決!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『MIKE ALWAY'S DIARY /カヒミ カリィ』 [渋谷系]

KAHIMIKARIE.jpg

こんばんは。
カヒミ カリィさん、結婚おめでとう!という訳で。
キュートなデヴューシングルを。
前回のフレネシさんの記事とはウィスパー繋がりって感じで。

このシングル、当時勿論、HMV渋谷で買いました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『にじますの街角/インスタント シトロン』 [渋谷系]

sc0003b799.jpg

こんばんは。
久しぶりのインスタント シトロン。
日本一のグッドタイムミュージック ユニット!
1996年の春にリリースされたシングル『にじますの街角』。

続きを読む


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『SEE FOR MILES /インスタント・シトロン』 [渋谷系]

seefarmiles.jpg

こんばんは。
一番過ごし易い季節、夏の終り。
そんな時に聴きたい曲。
インスタント・シトロンのメジャー・デヴューシングルです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。