So-net無料ブログ作成
邦楽女性アイドル70年代 ブログトップ

『危い土曜日/キャンディーズ』 [邦楽女性アイドル70年代]

スキャン0387.jpg

ハイ、どうも、
素敵な週末の呼び水、土曜日のシングルたちへ。
3回目。

5月最初の土曜日。
80年代のシングルが続きましたので、今宵は70年代の曲をどうぞ。
キャンディーズの3枚目のシングル。

危い土曜日』。
もうすでにこのブログで紹介していると思っていたら、まだでした。
この曲も大好き!
『危い火曜日』というタイトルだったとしても好きになってたでしょう。

カッコ良すぎるイントロから引き込まれます。
70年代当時、アメリカでブラスロックが注目を浴びていましたが、
それに影響を受けたのでしょうか、
パンチの効いたアレンジです。
竜崎孝路氏によるもの。
ドラマーのハイハットのリズムに合わせ、低音を重視したホーンセクションの小刻みなブロウ。
そしてストリングスの高らかな響きに導かれ、3人の歌声が咲きます。
スーちゃんのひたむきな輝きに満ちた歌声を中心にランさん、ミキさんの華麗なるハーモニーが並走します。
荒くれたコンガのリズム、プリミティヴ。
躍動感あふれるサウンドに弾む若さあふれる歌声。
めまぐるしくドラマティックなメロディ展開。
リズムもテクニカルに変異。
疾走感のある演奏。
聴く者はひたすら、楽曲の猛威に振り回されるだけ。
実に刺激的。
土曜日の夜が内包する得体の知れない解放感が音楽となって、少女を大人へと誘惑します。
《危ない》ではなく、《危い》という表記も何だか通好みで大人っぽい。
作詞は安田かずみさん。

作曲はおなじみ、森田公一氏。
氏が手掛けた『あなたに夢中』『そよ風のくちづけ』の朗らかなムードから一転、怒涛のブラスロックへ。
Aメロ、Bメロ、そしてサビへと、どんどんエスカレートしていく高揚感がドラッギー。

スローもアップもなんでもござれ、キャンディーズの3人の歌唱表現の確かさ。
一糸乱れるコトの無いハーモニー、ダンス。



スーちゃんの“もぉっと~”がハートを抉ります。

彼女たちの動画を観ていると(見惚れていると)、時間のたつのも忘れてしまいます。
何なんでしょう。
この、映像の快楽。
時代を超越した美しさを感じずにはいられません。
どれだけ褒め称えても足りないほど。
アイドル史の最良で最高の瞬間が刻まれています。

リリースから40年近くたちますが、色褪せることがありません。

B面は『青春の真中』。
健康的で清涼感に満ちたソフトロック歌謡。
スーちゃんの純情一直線の歌唱に耳からとろけます。
70年代の少女マンガの様な。
ロマンティックでクリーミーなムード。
電子ピアノの音色がさらにドリーミー。
『危い~』と同じ作家陣による作品。



70年代も沢山の土曜日のシングルがあります。
今よりも週末への切望感がハンパじゃ無かった時代。

そのヴァラエティ度は80年代以上とも言えるでしょう。

お楽しみに。

それでは、はばないすさたでー。


『危い土曜日』《SOLB131》〈作詞:安井かずみ/作曲:森田公一/編曲:竜崎孝路〉(03’10’’)【1974】



キャンディーズ メモリーズ FOR FREEDOM

キャンディーズ メモリーズ FOR FREEDOM

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Music
  • メディア: DVD Audio



ゴールデン☆アイドル キャンディーズ(完全生産限定盤)

ゴールデン☆アイドル キャンディーズ(完全生産限定盤)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックダイレクト
  • 発売日: 2015/04/04
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

『甘い暴走/石井まゆみ』 [邦楽女性アイドル70年代]

スキャン0319.jpg

ガオー!

《お前を越前竹人形にしてやろうか!》でお馴染みの都市色です。
今夜も奥が深い70年代女性アイドルを愛でちゃおう。

ハイ、石井まゆみさんです。
石井さんに関しては全く知らなくて、数年前に手に入れた、ソニーのオーダーメイドファクトリー(OMF)を通じて手に入れた『アイドルミラクルバイブルシリーズ 73~76 Girls』というコンピレーションで初めて知りました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

『バイバイ・ララバイ/岡田奈々』 [邦楽女性アイドル70年代]

スキャン0317.jpg

オッス!
松屋の“豚と茄子の辛味噌炒め定食”を食べて、すっかり気分は秋!の都市色です。
手を上げて、横断歩道を渡りましょう。

今夜も大好きなシングルを取り上げていきます。
またまた70年代の憧れの女性アイドルのレコードから。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

『横浜いれぶん/木ノ内みどり』 [邦楽女性アイドル70年代]

スキャン0318.jpg

ヘイ!
俺の名前はストレンジャー。
日曜日からひとっとび。
眠気をぶっとばして、更新してるぜ。zzzz

今夜は木ノ内みどりさんの『横浜いれぶん』を。
当然、先月号のレココレの70年代女性アイドルソングベスト100を受けて、棚から一つまみ。
同誌のランキングではなーんと8位でした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『日曜日はストレンジャー/石野真子』 [邦楽女性アイドル70年代]

スキャン0320.jpg

や、どうも!

お元気ですか?

もうせぷてんばぁも終盤、すっかり風も肌寒くなってまいりました。
このブログにて、トドが寒さで固まっちまいました。
更新が、トド凍る《滞る》、なんつって。

秋になって過ごし易くなると、眠りにつくのが早くなります。
仕事が忙しくなって、疲れて家に帰って、ちょっと横になっちまいますと、もういけません。
朝までスヤスヤ。
気が付けば起床時間。
あ~、ブログを更新するつもりだったのに・・・と、悔やみつつ爆睡すること毎晩。
ささやかな趣味を妨げる快眠。
げにおとろしいですな。

という訳で、久しぶりのシングル盤紹介。
日曜日と云えば。
石野真子さんの『日曜日はストレンジャー』。

先月のレコードコレクターズが“70年代の日本の女性アイドルソングのベスト100”という内容で、シングル曲から選ばれていました。
なかなか面白かったです。
〈歌うアイドル〉というキーワードが再び注目されている昨今、そのアイドルという存在が世間的に認知され始めた時代の代表的なアイドルソングについて。
選考基準がオリコンチャートの50位以内にランクされたシングルのみという括りなので、当時の大衆に愛された楽曲が中心になっていました。
あらためて元祖女性アイドルの魅力、70年代のアイドル歌謡のパワーを痛感した次第。

リアルタイムの幼少時代にうる憶えで接していた感はありますが、あの頃、お茶の間のテレビを通じて刷り込まれた情報量の大きさは今の自分に反映されています。

という訳で、僕の大好きな70年代のアイドルソングの中の一曲でありますところの『日曜日はストレンジャー』。
1979年1月の石野真子さんの4枚目のシングル。
当時は普通に明るくて楽しい音楽だな~、という好印象のみでしたが、後年、中古盤でこのレコードを何気なく買って聴き返すとまたその音楽の魅力にハマりました。
作詞は阿久 悠、作曲と編曲は筒美京平というあの頃のヒットメイカー同士の数多くの仕事の一つ。
されど今聴いてもいわずもがなカッコいい。
《ディスコ》に傾倒していた筒美京平先生のサウンドの勢いが凄まじいです。
FOUR TOPS『IT'S THE SAME OLD SONG』のメロディを奏でる電子ピアノのイントロ。
リズムを刻むカウベルの音がとってもワクワクします。
そう言えばこの曲の引用は『春ラ!ラ!ラ!』でもさりげなくなされていますね。
そして京平先生によるキャッチ―なメロディがこれでもかこれでもかと矢継ぎ早に展開されていきます。
場面展開の激しい舞台のようにクルクルと目まぐるしく愛らしく変わっていきます。
その艶やかさ。
見事としか言いようがありません。
そしてプロのスタジオミュージシャンによる卓越した演奏。
ドラムのパーカッシブなハイハットシンバル使い、躍動するベースライン、リズミカルなギターカッティング、と芸が細かいです。
さらに要所要所でパワフルなホーンと流麗なストリングスが贅沢に盛り上げます。
京平先生のアレンジの素晴らしさ。
痒いトコロに手の届く、淀みなきサウンド。
大衆のリスナーを心地よくさせるサーヴィスが行き届いています。
阿久 悠氏の歌詞も流れる様な京平サウンドに身を委ねて、キャッチコピーの如き言葉使いによる軽さと香しさで対応しています。名人芸。

もちろん歌の主役、真子さん。
当時は判らなかったですが確固たる安定した歌唱力が素晴らしいんです。
平尾昌晃先生の音楽学校出身だけあって、伸びやかで澄んだ歌声。
色付き始めた女性らしさでリズミカルなサウンドをチャーミングに歌いこなしています。
そのお姿の可愛らしさ

とにかくアイドルポップスとして完璧。

『日曜日のストレンジャー』も件のレココレのベスト100に勿論取り上げられています。
63位でした。
安田謙一さんの的をスカッと射抜くレヴューもナイス。

B面は『悲しきエンゼルス』。
こちらも阿久悠&筒美京平コンビ。

70年代ファンクをマイナー調メロディの味付けで。
ここでも京平先生の海外のヒットサウンドを見事に取り入れる技は炸裂。
秋の風景に黄昏る恋路を綴る阿久悠氏の歌詞をしっとりと唄う真子さん。

意外とアイドル歌手としての期間は短かった真子さんですが、
70年代アイドルと80年代アイドルの橋渡し的な大役を果たした功績は大きいでしょう。

今でもコンスタントに音楽活動を続けられていて往年のファンとの交流を絶やしません。
さすがですね。
いつまでも衰えない美貌と歌唱。
アイドルの鑑です。

それでは皆さん、健やかな日曜日を。

僕もちょっくらストレンジャーになって参ります。

『日曜日はストレンジャー』《SV-6537》〈作詞阿久悠/作曲・編曲:筒美京平〉(03’30’’)【1973】


ゴールデン☆アイドル 石野真子

ゴールデン☆アイドル 石野真子

  • アーティスト: 石野真子,阿久悠,松本礼児,伊藤アキラ,泉朱子,有馬三恵子,イルカ,岡田冨美子,松本隆,安井かずみ,売野雅勇
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2014/08/27
  • メディア: CD




レコード・コレクターズ2014年09月号

レコード・コレクターズ2014年09月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ミュージックマガジン
  • 発売日: 2014/08/12
  • メディア: 雑誌



nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

『チョットマッテクダサイ/ゴールデン ハーフ』 [邦楽女性アイドル70年代]

sc00376125.jpg

こんばんは。
「チョトマテクダサイ!」の次は「チョットマッテクダサイ」です。
歌っているのはゴールデンハーフ。
今から遡ること約40年前のアイドルグループになりますね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『夏が来た!/キャンディーズ』 [邦楽女性アイドル70年代]

sc00124dea.jpg

こんばんは、暑いですね。
ひんやりスウィートなキャンディーをどうぞ。

キャンディーズの夏のシングル。
その名も「夏が来た!」。
袖無しのサマーセーター&デニムのタイトスカート姿が眩しい夏のお嬢さんたち。
彼女達の10枚目のシングル。
大ヒットの「春一番」に続いては夏の歌。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『あなたに夢中/キャンディーズ』 [邦楽女性アイドル70年代]

sc00021a22.jpg

こんばんは。
引っ越しが無事に終わりました。
まだ部屋は散らかし放題ですが、いつものことです。
何とかなるでしょう。
以前の住まいより広くなったのでモノを増やし放題ですね。
都会暮らしが楽しみです。
今日から仕事。

そんな訳でシングル紹介も心機一転。
と、見せかけて今夜もキャンディーズ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『微笑がえし/キャンディーズ』 [邦楽女性アイドル70年代]

sc00008d00.jpg

こんにちは。
何となく70年代のシングルを続けて紹介しているこのブログ。
今回もそんな一枚。
勿論、お亡くなりになった田中好子さんを偲んで。

続きを読む


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
邦楽女性アイドル70年代 ブログトップ
メッセージを送る