So-net無料ブログ作成
ジャニーズ ブログトップ

『復活LOVE/嵐』 [ジャニーズ]

スキャン0383.jpg

ども。
飛び石連休(死後)の始まり~。

達郎さん繋がりでこのシングルを。

のニューシングル『復活LOVE』です。
リリース前から話題沸騰でしたね。

嵐と言えば、いまやジャニーズで名実ともに最も勢いのあるグループ。
もう20年近いキャリアを誇ります。
達郎さんとはデヴューの頃から知り合いだったそうです。
特に松本潤さんとは懇意だったそうで。
彼が主演した映画『陽だまりの彼女』のテーマソングは達郎さんが手掛けていましたね。
成熟した男性アイドルグループと、ジャニーズを付かず離れず長年見守り続ける達郎さんとのコラボレーション。

勿論結果としてオリコン一位を獲得、前作よりも多く売れたそうです。

達郎さんによる本腰を入れた作曲・アレンジ。
クレジットはされていませんが、プロデュースと言っていいほど。
作詞は奥方・竹内まりやさん。
内容は嵐版の『ゲット・バック・イン・ラヴ』って感じで。
勿論曲調は異なりますが。
達郎さん考える『ジャニーズ』というか、王道感のあるサウンド。
トレードマークの様なイントロのエレキギターのカッティングと多重コーラスの栄えるイントロが聴こえて来れば、揺るぎない安定感のある歌謡ポップスが堂々と展開されていきます。
アーバンでメロウなサウンド。
ロマンティックなメロディ展開。
間奏のゴージャスなストリングアレンジにゾクゾクしました。
他にもここぞという箇所でメンバーによる台詞(というか一言)をいれたり、ドラマティックです。

それは大衆、そしてファンの期待に十二分応えるエンターテイメント。
達郎さんは恒例の長期のコンサートツアーを開催中ながら、メンバーのそれぞれのレコーディングに立ち会う気合の入れよう。
5人のヴォーカルの個性を引き立てるべく、ユニゾンではなくソロパートを歌い継ぐようにヴォーカルが進行していきます。
嵐に詳しくない僕にもそれぞれの声質、歌い方の違いが判ります。
熱烈なファンならたまらないでしょう。
近田春夫さんが以前からジャニーズの音楽を高く評価している点に、ヴォーカルスタイルが挙げられていましたが、歌声にクセが無くて、澄んだ響きがあり、聴いていて不快感や違和感はありません。
それを今回の嵐のシングルでも感じました。

作詞をまりやさん、作曲を達郎さんが手掛けたシングルと言うと、森光子さんの『月夜のタンゴ』がありました。
達郎さん自身のシングル『忘れないで』もまりやさんとの共作でした。
これで三枚目のシングルです。
シングル以外では他にも何曲かありますが。
恐らくこの夫婦での共作作品としては今のところ最も売れたヒットシングルでしょう。
ここで言いたいのは夫婦でのソングライターコンビという点において、達郎さんが最も敬愛するアメリカの作曲家のバリー・マン、そしてその奥方であり作詞家のシンシア・ワイル、その二人の有名なソングライターコンビに達郎&まりやのコンビは限りなく近づいているのではと思った次第。
謙虚な達郎さんはそんなことを意識しているかは判りませんが。

とにかく、最近とんと流行り歌に疎くなっているので、久しぶりに《ヒットした曲》を聴いたな、と言うのが正直な感想です。ベストテンとかヒットスタジオで唄っている姿を想像したり。
それが愉しいです。

2016年の“これがヒットだ!”


僕が購入したのはシングルの通常版でした。
それには『復活LOVE』以外に3曲も収録されました。

驚くことにそれらの曲もお世辞抜きにイイ曲なのでした。

2曲目は『愛のCollection』。
浮遊感のあるテンポのシンセのリズムからのメロウなテクノのミディアムポップ。
すごく完成度が高くて感動しました。メンバーのヴォーカルも上手いですね。
作詞はPaddy 作曲はchris Parker、アレンジは吉岡たく、と言う方々が制作しています。

3曲目は『Bang Bang』。
ジャジ―なキャバレーソング風な曲。
これがまたうっとりするような美しいメロディがダンサブルサウンドに乗って展開されます。
これもカッコいいです。
作詞は100+、作曲はRobert Hanna、Ninos Hanna、Jeppe Reil Thomas Reil、アレンジは石塚知生と言う方々による作品。

4曲目『Are you ready now?』
キャッチ―なメロディのフレーズの繰り返しから始まる、これまたついつい耳が引き寄せられていく一曲。
作詞はみうらともかず、作曲とアレンジはJeremy Hammond。

う~ん、上記の3曲とも負けじと僕好みの内容でした。
嵐のアルバムはこういう曲が他にも入ってるですかね。
だったら買いたいです。
恐るべし嵐。
向かうところ敵ナシですな。

達郎さんの楽曲提供作品は出来ればこれからも沢山聴きたいです。
まりやさんが作詞をするのなら、ジャニーズだけでなく、女性アイドルにも書けるのではないでしょうか。
是非とも女性アイドルの運営の方々は気合と覚悟と十分な製作費でご検討を。

『復活LOVE』《JACA-5579》〈作詞:竹内まりや/作曲・編曲:山下達郎〉(04’50’’)【2016】


復活LOVE【初回限定盤】(DVD付)

復活LOVE【初回限定盤】(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: CD



復活LOVE【通常盤】

復活LOVE【通常盤】

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ジェイ・ストーム
  • 発売日: 2016/02/24
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『Lady ダイヤモンド/ Sexy Zone』 [ジャニーズ]

sc0000f9aa.jpg

こんばんは。
今夜はお前に、Sexy Zone !!!

ジャニーズが放つ新人アイドルグループ。
先月取りあげた山Pに続いて、ジャニーズのみんなにご登場願いましょう。
彼らの四月に出た2枚目のシングルを。
タイトルは「Lady ダイヤモンド」。
これが実に良いのです。
もう何と云うか、
1970年代辺りの昭和の男性アイドルソングにある懐かしさがあります。
チャコとヘルスエンジェルズ、フォーリーブス、フィンガー5、西城秀樹のような屈託のない若さが爽やかに弾けてる感じ。
う〜ん、レッツゴーヤング!!
それもそのはず、上記のアイドルを手掛けている大御所、馬飼野康二さんが作曲者だからです。
馬飼野さんは70年代〜現在までの殆どのジャニーズの男性歌手、グループに作品を提供していますよね。
そんでもって「Lady ダイヤモンド」
鍵盤とストリングスがテンポ良く跳ねながら並走するイントロからもう胸騒ぎ。
ポップなサビから始まる展開がたまりません。
♪Lady lady ダイヤモンド〜君しかないよ〜と云うフレーズもワクワク。
メンバーの中にまだ声変わりしてない子もいて、中性的な歌声がくすぐったい。
でも歌唱力はなかなかのものですね。
さすがジャニーズ。
Bメロのキュンとするコードチェンジもナイス!
間奏の語りも青春ど真ん中。
打ち込みじゃない、生演奏主体のサウンドも70年代っぽいですね。
フレッシュです。
アレンジは名匠、船山基紀氏。
イイ仕事です!
作詞はこれまた大御所、松井五郎氏によるもので瑞々しい言葉たち。
切実な悩みのない無邪気なティーンエイジャーのシリーラヴソング。
職人たちによる不滅のアイドルポップスの王道です。
もう僕もいいオッサンですが、大好きです。
まさにStrike Zone !
70年代の歌謡曲がお好きな方には楽しんでもらえるのではないかと。
年頃のお若いSexy Zoneのファンよりもそのお母さんの方が楽しめるのかも。

実は、この曲も以前取りあげた山Pやサブちゃん同様に、ロック漫筆家、安田謙一さんのラジオ「夜のピンチヒッター」で紹介されていましたのです。
現在発売されているミュージックマガジンでの安田さんの連載でも絶賛されています。
ラジオでは「Lady ダイヤモンド」に続けてヒデキの「恋の暴走」〈作詞:安井かずみ / 作曲・編曲:馬飼野康二(1975) 〉をオンエアされてました。
30年以上の前の曲を繋げても全く違和感がありませんでした。

ジャニーズはやっぱり凄いですよね。
ジャニーズとしてアイドルポップスの伝統を守りながら、相対性理論や堂島孝平さんに楽曲を発注されたり、そのバランス感覚が面白いですね。

二曲目は「風をきって」。
同じく松井&馬飼野コンビによる疾走感のある情熱的なアイドルソング。
ユーロビート風のサウンド、アレンジはCHOKKAKU氏によるもの。

三曲目は「High!! High!! People 」。
元気の良いサビが印象的なアップテンポな曲。
ホーンの響きもファンキー。
作詞:作田雅弥、作曲:Takuya Harada 、編曲:鈴木Daichi秀行 。

四曲目は「勇気100%」。
アニメ「忍たま乱太郎」のテーマソング。
この曲はアニメが開始された1993年から使用されている曲で、
オリジナルは光GENJIですが、その後も Ya-Ya-yah、Hey! Say! JUMP、NYC、Sexy Zoneへと歴代のジャニーズ所属グループに歌い継がれています。
この曲も松井&馬飼野コンビ作品。アレンジも馬飼野氏。
ポジティヴな歌詞と明快なサビのメロディが印象的。

それにしても「セクシーゾーン」凄いネーミングですね。
ハロー!プロジェクトもグループのネーミングはユニークですが、ジャニーズも輪をかけて凄いですよね。お家芸です。
安田さんがこのグループ名から石井輝男監督の映画「セクシー地帯」を思い出す、と仰ってましたが、僕も同感です。

『Lady ダイヤモンド』《PCCA-05088》〈作詞:松井五郎/作曲:馬飼野康二/編曲:船山基紀〉(04’51’’)【2012】


セクシー地帯 [DVD]

セクシー地帯 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『愛、テキサス/山下智久』 [ジャニーズ]

sc000257d6.jpg

こんばんは。
アイドルポップスをもう1曲。
春は面白いシングルが沢山リリースされましたので、急いで取りあげましょう。

山Pこと山下智久さんのシングル「愛、テキサス」。
NEWS脱退後、所属レコード会社を移籍して初のシングルを手掛けたのが、
なんと、やくしまるえつこ女史と永井聖一氏、フロム 相対性理論 !!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『ラブ シュプール/田原俊彦』 [ジャニーズ]

sc002b06ef.jpg

こんにちは。
寒い季節にピッタリな曲を紹介しましょう。
トシちゃんのシングル、「ラブ シュプール」。
彼の主演映画、「ジェミニ・YとS」の主題歌でした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『上海慕情/近藤真彦』 [ジャニーズ]

マッチ.jpg

こんばんは。
冬にピッタリなシングルを幾つか紹介していきましょう。
先ずはマッチでーす。
2007年の一月にリリースされたシングル『上海慕情』。
カップリング曲ともども、筒美京平さんが手掛けています。
マッチと京平先生となれば、期待が高まりますが、ファンの想いに見事応えた素敵な作品です。
「ベストテン」の頃から、マッチの曲は大好きでした。

続きを読む


タグ:筒美京平
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ジャニーズ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。