So-net無料ブログ作成
ソウル/80年代 ブログトップ

『GREATEST LOVE OF ALL/WHITNEY HUSTON』 [ソウル/80年代]

スキャン0483.jpg


こんばんは。
またまた映画の話をしましょう。

7月の下旬に『ありがとう、トニ・エルドマン』という作品を観ました。
2016年の世界で最も高い評価を得た映画との呼び声も高いドイツ映画作品。
監督と脚本はマーレン・アデという女性。
不勉強で全く知らない方でした。
一言で言うと父と娘の愛憎劇なのですが、実に何とも言えない味わいがあります。
とにかく面白かったです。
悪戯好きなお父さんと海外で暮らしている独身のキャリアウーマンの娘。
それぞれの性格も異なり、仲もそれほど良くないふたり。
海外に住む娘の元へ父が様子をみに訪れたコトから始まる物語。
絶妙にユーモアとペーソスが絡み合いながらドキュメンタリー風な撮り方で物語は淡々と進みます。
これ見よがしな劇的な展開は無いのですが、ふと油断すると意外な方向へ物語が進み、観る者を唖然とさせる事たびたび。
その主犯がお父さんなのです。
へんなおじさん、いやへんなお父さんなんです。
うさん臭いです。
父にとっては娘はどんなに大きくなっても心配の種で、可愛い子どもであるのですが、そのお父さんの娘への気遣いの仕方が変なのです。
彼が繰り出すユーモアや行動がことごとく裏目に出ます。
それが面白いです。
これも前知識なしに観て圧倒されました。
2時間半以上ありますが最後まで楽しめました。
興味がありましたら、是非機会がありましたらご覧ください。
すでに多くの劇場で公開は終了していますが、地方ではこれから上映するところも少なくありません。

という訳で、前置きが長くなりましたが、
今回のシングル『GREATEST LOVE OF ALL』。
最高峰の女性シンガー、ホイットニー・ヒューストンの不朽の名曲。
といっても正確にはこれはこの映画の主題歌ではありません。
劇中のとある場面で娘のイネス(ザンドラ・ヒュラー)がこの曲を歌います、いや、急遽歌わされます。
お父さんであるヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)の無茶ぶりによって。
一度会っただけのご婦人が開催したパーティに呼ばれもしないのにアポなしでお邪魔して、いきなり娘に彼が弾く電子ピアノでホイットニーの曲を歌うように提案します。
困惑する娘。お構いなしに演奏を始める父。
その模様です。



おっと、3分54秒だぞ。

どうでしょう、娘のイネスの歌いっぷり。
カラオケの十八番なのでしょうか。
以前から歌い込んでいるのが伺える熱唱。
お見事。
お父さんもこの曲がイネスにとって大切な歌だという事を知っているのでしょう。
2人の思い出の曲なのかも。
映画の中ではその事は全く触れられていません。
それがこの映画の素晴らしい所だと思います。
日本映画だとここら辺で陳腐な回想シーンでいかにこの曲が親子にとって重要な歌なのかを冗長に描くでしょうね、きっと。
まぁ、僕のつまらない解説も冗長か。
この辺にして置きましょう

とにかく名曲なんです。
僕がくどくど言わなくて良いくらい。

ハートフルで素直なメロディ。
胸にともしびが生まれて温かくなってくるような。
ドラマティックな展開。
ホイットニー・ヒューストンのデヴューアルバムにして大ヒットアルバム『そよ風のおくりもの』からのシングルカット曲。
リンダ・クリードの作詞、マイケル・マッサーの作曲。
普遍的で偉大なる愛の歌。

元々は70年代にモハメッド・アリの伝記映画の為に作られてジョージ・ベンソンが歌ったものがオリジナルでした。
時を経て、ホイットニーさんがソロ歌手としてデヴューする際にカヴァーされました。
母はシシー・ヒューストン、従姉にディオンヌ・ワーウィックを持ち、歌手として進んで行く娘へその心構えを歌った曲とも思えます。
選曲はプロデューサーでもあるマイケル・マッサーの意向なのでしょうか。
尊厳や自己愛を持って未来に進んで行こう、というような熱いメッセージが込められている歌詞です。
それではホイットニーさんの唄うバージョン。




僕のブログにしてはややベタな感じかな。

最後に、この曲がヒットした1986年の4月に作詞を担当したリンダ・クリードは惜しくも乳癌でお亡くなりになりました。主に70年代、フィリーソウルの作品で沢山のヒット曲を手掛けました。
肉体は滅んでも残された歌詞の魂は永遠です。


B面は『THINKING ABOUT YOU』。
作曲とプロデュース、アレンジはカシーフ。
アップテンポの都会的でダンサブルな曲。


今回の曲は映画を観るまでは知りませんでした。
こんな有名な曲を知らないなんて、お恥ずかしい。

ホイットニーもう!

わッ、おやじギャグだ。

とにかく、素敵な曲を教えてくれてありがとう、『ありがとう、トニ・エルドマン』。

『GREATEST LOVE OF ALL』《7RS-141》〈Written by Michael Masser and Linda Creed〉(04’50’’)【1986】



nice!(3)  コメント(0) 

『A Thousand Miles Away/William Hart』 [ソウル/80年代]

スキャン0440.jpg

押忍!

ときは平成19年(2007年)の夏の終わり、第一次安倍内閣時代に開始されたブログ《03’54’’》も今回で1000回を迎えました。
前回の『銀河鉄道999』が999回目でした。

今年の8月で丁度、10年。
現在は第二次安倍内閣。
世情は順調に悪くなる一方。
それはそれとして。


とにかく1000回。
アッコさんじゃないけど、いいかげんに千回です。
ときには良い加減に、またときにはいーかげんにやって来ましたブログ。
晴れの日も雨の日も。

始めてから5~6年は比較的にハイペースに更新してましたが、
三重から大阪に引っ越してからは若干更新が滞って来ました。
山奥から都会に出ると、とかく誘惑が多いモノで。
ライブや映画に出かける機会も増えたし、仕事も忙しくなりました。
さらに年を取って。
変わったこともありますが、変わらないことも多く。
収入もあんまり増えないし、
未だに独身のソロ活動。
まぁ、イロイロありますが、シングル盤を相変わらず買い続けています。
変わったと云えば、レコードをめぐる事情は大きく変わりましたね。
ホントに売れているのかは甚だ疑問ですが、
とにかくメディアが騒いでいるのは間違いありません。
値段が高くなっているのも間違いありません。
シングル盤を集め出したのが、90年代の終わり。

三日坊主の僕がブログを続けられるのも、シングル盤ひいては音楽が好きだからです。
レコードを聴くのも楽しいですが、
探すのも楽しいですよね。
オークションで手に入れるのもイイですが、
中古盤屋のシングル盤売り場でサクサクして、欲しかったブツに出会った時の感激は言葉に出来ません。
まぁ、見つからないで徒労に終わることの方が、圧倒的に多いのですが。
つい先日も大阪のディスクユニオンで探していたシングル盤をとっても安くゲット出来ました。
嬉しかったなぁ。
そんなことを自慢する相手はいなくて、このブログにぶつけている訳ですが。

でも特に最近ですが、このブログへのアクセスが増えてた、らしいです。
一時期は減ってた、らしいのですが。
最近の音楽ブログのランキングでは10~20位あたりを推移している、らしいのです。
ホントかよ。
これまではだいたい30位以下でした。
まぁ、アクセス数なんて、鵜呑みにするほど馬鹿ではありません。
だって数か月いや、一年近く放置されたブログが僕よりも上位にランキングされたりするんですから。
臍で茶を沸かすぜ!
まぁ、アクセスは無いよりあった方がいい程度で。
そして、niceの数。
このブログのどこを気に入って押して下さるのか。
褒めて下さったって、逆さにしても鼻血も出ませんぜ。

こんなご時世に未だにブログをやっている時代遅れです。
ツイッターはあんまり。
傷つくだけです。

ときどき、
過去の文章を読み返してガッカリすることの多い僕です。
書いた覚えのないことばかり、
読み返して初めて知る内容ばかり。
誤字脱字ばかり。
“てにをは”も間違えてばかりで、後から何度も訂正するばかり。
捗々しいですね。
ホントは僕じゃない誰かがアカウントを乗っ取って更新しているのかも。
それはそれでご苦労なコトです。
と、責任転嫁。
今のところ炎上したり訴えられた事が無いのが幸いです。
こんな場末のポンコツブログなんて誰も相手にしないでしょうし。

まぁ、愚痴はこのへんで。
ブログにブックマークをしてご覧くださってLa La means THANK YOU。
そして、魔が差して、何かの間違いでクリックして、どういう訳か検索に引っかかってたどり着いた方にはご愁傷様。
暇つぶしになったでしょうか。

一番感謝しているのはブログにジャケットをアップするときに使用しているスキャナーです。
愛機、HP Photosmart C4175 All-in-One くん、ありがとう。
あなた無しでは成り立ちませんでした。
大した故障もなく、
マックからウィンドウズに変わっても変わらずに動作してくれてます。
スキャナー、好きやなぁ。
なーんて。
so-net.さんも多少の不具合はありますが、お世話になってます。
これからも宜しゅう。おおきに。



という訳で、シングル盤を紹介しましょう。
“1000”に因んで。
『1000年女王』は素通りしまして(またの機会に)今回は、
A Thousand Miles Away』です。
邦題は『思えば遠くへ来たもんだ』(ウソ)。
Doo-Wapの黒人コーラスグループグループ、ハートビーツが放った名曲。
楽曲もメンバーのヴォーカリストの James Sheppardが作曲。
これをデルフォニックスのウィリアム・ハートがカヴァー。
1982年のソロ名義のシングル。
フィラデルフィアから愛を込めて、
ハート仕掛けのスウィートなバラード。
オリジナルは素朴な歌と演奏ですが、ゴージャスなムードに仕上げられています。
イントロから胸の高まりを抑えられません。
実にムーディでメロウ。
スウィートソウル真っ只中でウィリアム・ハートは得意のファルセットで歌い上げます。
アレンジを手掛けるのはJACK FAITH、フィリー系の歌手やグループのレコーディングに編曲家、サックスやフルートの奏者として数多く参加していた方です。



1000マイル離れた恋人への優しいラブソング。
楽曲の良さがゆったりと心に沁みこんで行く素敵なカヴァーバージョンです。


B面はウィリアム・ハートのオリジナルソング『My words fell love in with music』。
アレンジも彼自身が担当。
歌詞がメロディと恋に落ちる。
テンポの速いシャッフルのリズムが軽快なナンバー。
キャッチ―で下世話なメロディとファンキーな演奏も楽しい。
大人の夜へ誘います。
低い声とファルセットの両刀使いで遊び心たっぷりに歌います。


両面ともプロデュースはウィリアム・ハートによるもの。


さぁ、次は2000回を目指したいと思います。
10年以内に出来るかな。
そのときには達郎さんのあのシングルを取り上げようかな。

その為にもこれからはもう少しペースを上げて更新しようと思います。
まだまだ取り上げたいネタはいっぱいありますし。

Yes, We are Singles !

『A Thousand Miles Away』《SS11982》〈Written by Sheppard and Miller〉(03’34’’)【1982】

La La Means I Love You / Sound Of Sexy Soul

La La Means I Love You / Sound Of Sexy Soul

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: KENT
  • 発売日: 2007/11/01
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『HURRY UP AND WAIT / ISLEY BROTHERS』 [ソウル/80年代]

スキャン0180.jpg

こんばんは。
今夜はこのシングル。
達郎さんに多大なる影響を与えた黒人ヴォーカル&インストゥルメンタル・グループ、
アイズレーブラザーズの代表曲の一つ、『Hurry up and wait 』。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『Some Kind of Love / Jeffrey』 [ソウル/80年代]

スキャン0113.jpg

こんばんは。
少しずつ暖かくなってきましたね。

ひさかたの光のどけき春の日に、アーバンでメロウなR&Bを一発!

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『A NIGHT IN NEW YORK / ELBOW BONES & RACKETEERS』 [ソウル/80年代]

niny.JPG

こんばんは。
今夜も12インチシングルです。
少し前の記事で、「夕暮れガール」を取りあげましたが、
この曲も紹介しなくっちゃいけませんね!

てな訳でエルボウ ボーンズ&ラケッティアーズの「A NIGHT IN NEW YORK」です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ソウル/80年代 ブログトップ
メッセージを送る