So-net無料ブログ作成

『言葉はさんかく こころは四角/くるり』 [邦楽ロック/00年代]


こんにちは。
先月に続いて昨日、映画『天然コケッコー』を観てきました。
二回目の観賞です。やはり素敵な作品でした。
と云う訳で今回はこの映画のテーマソング、くるりの『言葉はさんかく こころは四角』(VIZL-248)です。

爽やかな映画のエンディングに聴こえて来る懐かしさを喚起させるピアノとギターの旋律。
穏やかでコンパクトなフォークロック風のサウンド。
シンプルで優しいラヴソング。
語りかけてくる様な気負いのない岸田繁氏の歌が素晴らしい。

「言葉はさんかくで/こころは四角だな/
まぁるい涙をそっと拭いてくれ」
なんて出来過ぎなフレーズですね!

一度聴いたら忘れられないメロディと言葉。
楽曲の演奏時間が3分49秒というのもイイ感じです(どこが?)。

さて、二回この曲を映画館で聴きましたが、僕の記憶が確かならこのシングルバージョンはエンディングで流れたテイクと異なっている気がしました。映画で聴いたバージョンはストリングスがこのシングルバージョンより控えめだった気がします。僕の勘違いかもしれないけど。アルバムに収録されているのが本編で使われたテイクかも知れません。アルバムを聴いてないのでナンですが。

CDのブックレットも丸ごと「天コケ」で夏帆さんのファンなら買いでしょう。
「snapeas」に続く、夏帆さん関連のシングルでした。

カップリングは二曲ありますが、二曲ともニューアルバムに未収録のようです。
で、この二曲がまた良い出来です。やっぱり良いな、くるり。またアルバム集めようかな。

「wien 5」はどこか時代がかった、欧風な世界観を感じさせるメロディアスな作品。この曲も好きです。新作はウィーンで録音されたそうなのでその影響が濃い感じです。
salyuさんがゲストヴォーカルで参加しています。あがた森魚さんがカヴァーしたら面白いかも。
もう一曲は「blue nakid blue」。
70年代の邦楽ロック色の濃いナンバーです。
アニメみたいに意味不明なナレーションが笑えます。

『言葉はさんかく こころは四角』〈作詞・作曲:岸田繁/編曲:くるり/弦楽編曲:FLIP PHILIPP &岸田繁〉(03’49’’)【2007】


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 3

pafu

映画も歌も素敵そうですね。
観てみようと思いました。
by pafu (2007-11-06 07:10) 

都市色

>pafuさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!

「天然コケッコー」は12月の下旬にDVDでリリースされますので是非ご覧下さい。
ほのぼのした素敵な作品ですよ!
これからも宜しくお願いします。
by 都市色 (2007-11-06 21:21) 

pafu

12月下旬ですね。わかりました。
by pafu (2007-11-07 07:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。