So-net無料ブログ作成

『夢でいいから/中島まゆこ』 [歌謡曲/70年代]

スキャン0006.jpg

どうも、どうも。
都市色とハッピー&ブルーです。
どっちかというとブルーが多めです。

毎回、『夢で逢えたら』を取り上げてるとさすがに
飽きてしまいそうなので、
タイトルに“”という言葉が付くシングルを取り上げてみましょう。

まずは中島まゆこさんという歌手による『夢でいいから』。
1971年にCBSソニーの傘下のレーベル《EPIC》からデヴューしました。
ここでの《EPIC》は80年代を席巻した《EPIC SONY》とは異なります。
『夢でいいから』はデヴューシングルです。
この曲は元々、いしだあゆみさんの『太陽は泣いている』のB面曲でした、
そのカバーバージョンです。
作詞:林 春生、作曲・編曲:筒美京平による楽曲。
せめて夢の中だけでも、思い出のあの方に逢いたい・・・、という想いを込めた林 春夫氏の歌詞。
これはまさに『夢で逢えたら』に通底するメッセージですね。
そしてその歌詞の《切なる想い》をメロディに巧みに変換してしまう筒美先生の繊細で甘美な旋律の素晴らしさ。
B面にしておくには勿体ない!
そんな訳で中島まゆこさんの歌唱でA面に昇格!


いしだあゆみさんのバージョンはまさに夢の中で唄っているような、
アンニュイで儚げな歌唱と、筒美先生の
ソフトなサウンドが相まって幻想的な調べでした。

打って変わって、
中島まゆこさんのバージョンはより歌謡ポップス然とした仕上がり。
彼女の艶っぽい歌唱。
いしだあゆみさんよりも歌が上手く、表現力が豊かです。
かといって、いしだあゆみさんのバージョンが悪い訳ではないのです。ちっとも。
筒美先生のアレンジはポップというか、リズムも弾んでいます。
アコギのアルペジオからトランペットのモダンな響き。
中島さんの歌唱を活かしたソフトロック歌謡。

お二人の歌唱に合わせた筒美先生の技ありなアレンジが功を奏します。

B面は『見知らぬ国へ』。
こちらも林&筒美コンビの楽曲。
マイナー調の歌謡ポップス。
『太陽は泣いている』に少し似ている感じがします。
この曲もどこか夢の中を彷徨っているような不思議な歌詞です。
ミステリアスなメロディにバロック調のフレーズが巧みに絡み合ってドラマティックなサウンドが展開される辺り、さすが筒美先生って感じです。
忙しなく風雲急を告げる、感じのストリングの響きも効果的。

今回のシングルを含め、
中島まゆこさんはEPICレーベルにて3枚のシングルを残しています。
もう一枚シングルを残しているようですが、はっきりとしていません。

彼女のコトを知ったのは、
ソニーのオーダメイドファクトリーの《アイドル・ミラクルバイブルシリーズ》でした。
『’69~71 Girls』と題して、中島まゆこさんと、もう1人、北野ルミさんのお二人の音源をまとめたCDで知りました。
今回のコンピで初めて音源化された楽曲もあり、なかなかレアなコンピレーション。
2013年にリリースされました。
中島さんについて言及しますと
やはり筒美京平先生が手掛けている5曲が素晴らしいです。
そして特筆すべきはアニメ『モンシェリー COCO』のテーマソング。
これは川口 真氏が作曲していますが、こちらもなかなか良いです。

豊かな歌唱力をお持ちの歌手なだけに短命な活動が残念でした。
このコンピをきっかけに再評価されると良いですね。
ソニーの音楽サイトでまだ入手可能のはずです。

『夢でいいから』《EPDG 81002》〈作詞:林 春生/作曲・編曲:筒美京平〉(03’20’’)【1971】


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。