So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
フリッパーズ ブログトップ
前の10件 | -

『あなたがいるなら/コーネリアス』 [フリッパーズ]

スキャン0012.jpg
おはようございます。
赤堤三丁目のストレイ・シープこと都市色です。
前回に続いてコーネリアスのシングルを取り上げよーいどん! 『あなたがいるなら』。
アルバム『Mellow Waves』の先行シングル。
これぞ、
ワーナーな、
いや、ソニーな、
否、
ユニバーサルなラヴソング。
究極のラヴソング。
これを歌ってるのが小山田君というのがまた少し意外。
歌詞だけを見ると実にストレートな愛のメッセージ。
その歌詞を書いたのが坂本慎太郎氏。
こんな純粋な愛の歌詞を坂本氏が書くのも意外な気がしますが、ウェットになる寸前で留まってるのが坂本氏らしいと言えます。
このようなテーマの曲を作るには小山田、坂本両氏も意外だと思うのですが、意外だからこそ余計に胸に迫って来ます。
決して派手さはなく、訥々とした佇まいの歌詞が素敵。
削ぎ落とされた、無駄の無い言葉のシェイプ。言葉の強さ、深さ。
坂本&小山田コンビでの楽曲はこれまでもありましたが、
コーネリアス名義の作品では初めて。
思いを寄せる相手の存在の有難さ。
そしてさつなさ。
そのひとの一挙手一投足に敏感に一喜一憂してしまう、愚かしい程に。
恋の病に陥ってしまったときの重い症状。
とてもよく、分かります。
それは僕も恋をしてるから?
歌詞のことばかり書いてますが、
無論サウンドについても触れない訳には参りますまい。
まさにコーネリアス・ワールドならではの音像空間。
音数もギリギリまで絞り落とされて、独特のリズムに惑わされます。
電子ピアノの音の揺らぎにも心が波打つよう。
ゆったりとしたビート。
メロウな音の清かな波。
シンプルな静寂を湛えたトラックの上を小山田君の独白のような歌が語られます。
不思議な譜割。
愛するひとを讃える愛の唄と歌詞と浮世離れしたサウンドの奥行き、奥ゆかしさ。
優美さ。
そして小山田君の歌声の魅力。
フリッパーズの頃から、その声のトーンに魅了されました。
その少年の優しさや蒼さはそのままに、
どこか成熟した深い味わいもこの曲での歌唱には感じられます。
代替不能なヴォーカル。
素晴らしいです。
これまで無かったようなラヴソングですが、コーネリアスの楽曲の中でも屈指の内容だと思います。


B面『Helix / Spiral』。
あ、A面で言い忘れましたが、あっちは33回転なのでご注意を!
こっちは普通に45回転です。
タイトルの意味が〝螺旋〟ですが、
前者はグラフの軌道についての、後者は円を描く軌道での〝らせん〟というのでしょう。
独特の複合リズムの反復で楽曲は展開していきます。
ユーモアを湛えて。
これも実にコーネリアスらしい楽曲ですね。

このアルバムをリリースしたときのライブは当時忙しくて行けませんでした。
残念でした。
ネットで海外の音楽番組でのスタジオライブがオンエアされてたのを先日観ることが出来ましたが、
やはりカッコ良かったです。


まぁ、スタジオというか、
自宅と言う感じでしょうか。

海外でも高い評価を受けるのが分かる気がしました。
振り返れば、コーネリアス自体の活動も25年近く経ってるのですね。
どんどん音が深化してますね。
どこまで先鋭していってもどこかポップでユーモアを持ち続けているのが小山田君のサウンドですね。

と、今回のブログはスマホから投稿しています。
実家にいて、近くにパソコンが無いので非常に面倒です。
読みにくいかもしれません。
動画の貼り方が分かりません。
だったら書かなきゃいいのですが。

連休もそろそろ終わり。
実家での僕の野暮用も今日で終わり。

それではご機嫌よう。

『あなたがいるから』《WPJL-10041》〈作詞:坂本慎太郎/作曲・編曲/小山田圭吾〉(07’34’’)【2017】


nice!(2)  コメント(0) 

『夢の中で/コーネリアス』 [フリッパーズ]

スキャン0011.jpg

わんばんこ。
都市色のオールナイトニッポン。
約二週間に渡って、『夢で逢えたら』に端を発した“夢”にまつわるシングル盤特集もいよいよ最終回。
まだまだ他にもご紹介したいシングルはありますが、
取り敢えずここで一旦終了です。
最後は比較的最近リリースされたシングルから。

コーネリアスの『夢の中で』。
昨年リリースされたアルバム『Mellow Waves』からのシングルカット。
勿論アナログシングル。
アルバムとしては前作『SENSUOUS』から10年ぶりという訳ですが、
これまでより比較的に“うたもの”が増えてます。
小山田くんの歌声が好きな僕としては嬉しいことです。

ほんでもって『夢の中で』。
日常のニュースや生活での様々な事象を客観的に羅列したような歌詞、熟語の言葉遊び。
慌ただしい一日を終えて眠りに就いて、夢の中で。
ボソボソと唄う小山田君のソフトな響きに安息中。
浮遊感のあるシンセの音とリズム。
シンプルで透明感のあるメロディの流れ。
なんとなく心地よいウェイヴとヴァイブ。



B面はアルバム未収録曲の『夢の奥で』。
小山田君がお得意って感じのサウンドコラージュ。
まさに夢のシングル特集の幕引きに相応しいサウンドマジック。
様々な音源をサンプリングして多重にコラージュ。
めくるめくようなゴージャスなオーケストレーションから夢の深淵へ堕ちていくような。
そして耳を釘付けにするのは 小山田君の幼少期と思われる肉声が聞こえること。
この曲のPVを観てそのことを確信します。
お父様は音楽家でいらっしゃったのでこういう映像が残されている事は珍しくないのでしょう。
やっぱり子供の頃も可愛らしいですね。
PVを監督してるのも小山田君です。
まさに夢の中を覗いているような不思議な気分になる曲です。



ビデオテープの褪色した色彩や画像のブレも夢の中のような朧げな雰囲気を上手く表現してますね。
そんなこんなで夢についてのシングルをお届けしました。
そういえば、最近あんまり夢を見ていない気が。
見たとしても覚えていないのかも。

そんな夢不足な方には過去に僕が書いた夢のシングルの記事を。
ジョン・セバスチャンの『虹をあなたに』のB面の『I Had a Dream』を。
とっても素敵な曲ですよ。

それでは、
引き続き素敵な連休をお過ごしください。

そうじゃない人はお気をつけて。

『夢の中で』《WPIL-10075》〈作詞・作曲・編曲:小山田圭吾〉(04’00’’)【2017】


Mellow Waves

Mellow Waves

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2017/06/28
  • メディア: CD



nice!(2)  コメント(0) 

『流動体について/小沢健二』 [フリッパーズ]

スキャン0435.jpg


押忍。
只今深夜、時刻は3時54分。

前回は久しぶりにブログを更新して、久しぶりにクレイジーケンバンドのライヴへ行ったと書きました。
久しぶりついでにコチラのシングルも。

オザケンです。
小沢健二さんのニューシングルです。
『流動食について』、
じゃない。
『竜童組について』
じゃないよ、阿木さん。

流動体について/神秘的』です。

なんと、これより前に出たシングルは1998年初頭の『春にして君を想う』でした。
つまり、19年ぶり。
そのときのメディアは8㎝CD仕様の短冊ですから、隔世の感あり。
20世紀の遺物。
その間に『シッカショ節』というライヴ音源もありましたが、あちらは配信のみで。
フィジカルではありませんでした。

今回はオフィシャルサイトからリリースのいきなりの告知。
なんと二日後にシングル発売。前日(商品店着日)には朝日新聞朝刊に全段で広告が掲載されました。
通常、新譜は半年から二、三か月前くらいに告知が打たれる事が多いのですが、なんと告知から発売まで2日。
しかもそれが19年もシングルを出していない歌手からの発表。
光の速さでニュースは拡散されました。

長年に渡る新作への飢餓感を潤そうと店着日の2月21日に買いに出かけた方も多かったのではないでしょうか。
かくいう僕もその一人。
仕事の終わった20時半過ぎに難波のタワレコへ買い求めました。
てっきり今回も短冊CDで出るのではと一瞬思いましたが、さにあらず。
しかもアナログシングルのサイズのジャケットにCDが入ってました。
それはそれ。
結果、リリースされたシングルはなんとチャート初登場2位。
自己タイの最高位。
発売週にはテレビの音楽番組や情報番組、報道番組へ本人が出演。
なにからなにまで型破りなプロモーション活動の勝利。
突然の贈り物でした。

そういえば、彼のソロデヴューは野音でのフリーライブだったし。
話題には事欠かない人ですね。

さらにその二週間後の先日にはプリファブ・スプラウトのパディ・マクアルーンが新曲のギターの弾き語りがyou tubeにアップされて、それにも吃驚しました。
それがまた素晴らしかったです。
オザケンの『ある光』にはプリファブ・スプラウトの初期のある曲の一節が引用されているのですね。
直接的には関係ないことですが、オザケンとパディ・マクアルーンという寡作な天才の健在ぶりを短い期間の間で思い知らされました。
まさにLIFE OF SURPRISEなり。
さらに、かつての相棒、小山田氏のコーネリアスも四月にシングル(7吋)も出るというじゃありませんか。1993年の興奮が蘇ります。

まぁ、メディアはこぞって、19年ぶりを鬼の首を取ったが如くに強調しますが、
決してオザケン氏の音楽活動が19年ぶりだった訳じゃなく。
21世紀に入って二枚のアルバムを出しているし、二回のライブツアーを開催しています。
ライブアルバムもだしているし。
そこんとこ誤解なきよう。

さてさて、新曲の威力は果たして最高でした。

まずは『流動体について』。
こちらは昨年観に行った彼のライブツアー『魔法的』で演奏されていて聴き覚えがありました。
先述の『ある光』を髣髴させる疾走感のあるアップテンポのナンバー。
エモーショナルな歌声、歌詞。
メロディアスな曲調、流麗なオーケストレーション。
アレンジはご存じ服部隆行氏。
脈打つ熱いビート。
90年代に数々の名曲を残した彼の面目躍如たる、眩いばかりの創造的な閃きに満ちた新曲です。瑞々しい感性は健在。 
あの頃、20代だった彼も今や、結婚をして子どもを育てるお40代のお父さん。
そして現在は生活の拠点をアメリカに移って。
環境の変化はグローバルな視点の歌詞から窺い知れます。
単に90年代の頃の彼ではなくさらに感性が研ぎ澄まされているように感じました。
ブランクを感じさせないパワーは昨年のライブでも感じていたので、今回のシングルへも不安は微塵もありませんでしたが。
特に躍動感のあるメロディと劇的な歌詞のコンビネーションが聴きどころ。
サビにて、どんどん旋律の音階が上がっていくところでのオザケンの珍しいファルセットも印象的。
コーラスにはお馴染みの真城めぐみさんに加え、永積タカシ氏、そして一十三十一さんも参加。
魅惑のシンガー達による凝ったソフトロック風なハーモニーにワクワクします。
突き抜ける様なサウンドのチカラ。
オザケン自身による荒ぶるギターソロもイイですね。
確か『ある光』でも熱いソロを弾いていたっけ。
聴けば聴くほど味わいが増します。

カップリングは『神秘的』。
一転して穏やかなサウンド。
こちらは2012年の東京でのライブにて披露されていますが、そちらへは参加出来なかったので僕は初めて聴きました。
ストリングスの四重奏をバックに唄われる静謐さを湛えたミディアム調の楽曲。
ここでは『eclectic』(2002)で聴かせた多重コーラスや囁くような歌唱表現が効果的に響いていると思います。
秋から冬の透明感のある澄んだ空気を感じます。

曲調は2曲とも異なりますが、
混迷の時代に届けられた熱いメッセージ。
90年代に20代を過ごしたファンには堪らない特効薬。
買ってからアイフォンに入れて毎日何度も聴いて効いています。
目まぐるしい日々の連続の中に、永遠の、普遍的な何かを垣間見させてくれる彼の音楽の魔法を確認しました。

出来るのなら、またそれほど遠くない将来に次の新曲、或いはアルバムを聴かせて欲しいです。

『流動体について』《TYGT-39050》〈作詞・作曲・編曲:小沢健二/ストリングス編曲:服部隆行〉(04’10‘’)【2017】



流動体について

流動体について

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2017/02/22
  • メディア: CD



我ら、時通常版

我ら、時通常版

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Records Japan
  • 発売日: 2014/03/19
  • メディア: CD



Eclectic

Eclectic

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2002/02/27
  • メディア: CD



Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学

Ecology Of Everyday Life 毎日の環境学

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/03/08
  • メディア: CD



刹那

刹那

  • アーティスト: 小沢健二
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2003/12/27
  • メディア: CD



球体の奏でる音楽

球体の奏でる音楽

  • アーティスト: 小沢健二,小沢健二
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1996/10/16
  • メディア: CD



犬は吠えるがキャラバンは進む

犬は吠えるがキャラバンは進む

  • アーティスト: 小沢健二
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1993/09/29
  • メディア: CD



LIFE

LIFE

  • アーティスト: 小沢健二,小沢健二,服部隆之
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1994/08/31
  • メディア: CD



超LIFE(完全限定生産盤) [DVD]

超LIFE(完全限定生産盤) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • メディア: DVD



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『FRIENDS AGAIN/THE FLIPPER'S GUITAR』 [フリッパーズ]

スキャン0003.jpg

ハイ、今夜の短冊シングルはフリッパーズ・ギター。

二人組&信藤三雄アートワーク繋がり。
タイポグラフィをうまく使ったカッコいいデザインですね。
低予算で良いセンス。

もう解散から20年以上経ってしまったのですね。
でも未だに僕にとって揺るぎない存在です。
17歳で出会った僕にとってのパンク体験。

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『春にして君を想う/小沢健二』 [フリッパーズ]

sc00100fb2.jpg

こんにちは。
一年のうちで一番寒いこの季節に何となく聴き返したくなるシングル盤。
オザケンによる早春賦、「春にして君を想う」。
1998年1月終りのリリース。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『BLUE SHININ' QUICK STAR (星の彼方へ)/ FLIPPER' S GUITAR』 [フリッパーズ]

bsqs.jpg

ども。
「ペットサウンズ」と来れば…。
今から20年前の7月に発表されたアルバムを僕は思い出します。
フリッパーズ ギターの3rdアルバム「ヘッド博士の世界塔」(1991)。
90年代の邦楽ロックを代表する名盤であり問題作。

続きを読む


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『強い気持ち・強い愛/小沢健二』 [フリッパーズ]



こんばんは。
いやぁ、驚きました。
って何がそんなにオドロキだって?
小沢さんのコト。
あ、幹事長じゃないですよ。

小沢健二さんの13年ぶりの全国ライヴツアー。
『ひふみよ』

続きを読む


タグ:筒美京平
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『PERFECT RAINBOW / CORNELIUS』 [フリッパーズ]

sc0007c158.jpg

こんばんは。
雨の歌の後にはやっぱり虹の歌を。
コーネリアスのシングルです。
『パーフェクト レインボー』。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『ドアをノックするのは誰だ?(ボーイズライフPt1:クリスマスストーリー)/小沢健二』 [フリッパーズ]

sc0004aaac.jpg

こんばんは。
今夜はオザケンの登場です。
90年代を代表する日本のポップアルバム『LIFE』。
色褪せるコトの無いキラキラした青春のアルバム。
まるで熱に浮かされて作ったかの様な独特の高揚感に充ちたアルバム。

続きを読む


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

『Buddy / 恋しくて/小沢健二』 [フリッパーズ]

sc00065cfe.jpg

こんばんは。
小山田圭吾氏を迎え撃つはご存知、小沢健二氏。

続きを読む


nice!(3)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - フリッパーズ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。